コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラナ パラナParaná

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラナ
Paraná

アルゼンチン北東部,エントレリオス州の州都。首都ブエノスアイレスの北北西約 360km,パラナ川左岸に位置する。 1730年対岸のサンタフェからの移住者によって建設されたが,発展は 1853年新たに結成されたアルゼンチン連邦の首都とされてからで,62年首都がブエノスアイレスへ戻されるまで連邦政府がおかれ,経済,文化の中心地として急速に発展,人口も急増した。現在周辺の農業地帯の商工業中心地で,穀物,ジャガイモトマト,果実,家畜,牛肉などを集散し,セメント,陶器,石鹸,家具,靴,冷凍肉,乳製品などを製造する。洪水の被害を避けて市街は川岸から約 3km離れた高台にあり,沿岸のバハダグランデ港へ鉄道,道路が通じている。市内にあるパラナ大聖堂 (1883) とアルゼンチン連邦上院議事堂 (58) は国の歴史記念物に指定されている。州の交通中心地で,市から州内各地に鉄道,道路が延びるとともに,サンタフェとも橋とトンネルで結ばれ,パラナ川右岸とも容易に連絡できる。人口 27万 7338 (1991推計) 。

パラナ
Palana

ロシア東部,カムチャツカ地方の都市。旧コリャーク自治管区の行政中心地であった。カムチャツカ半島北部西岸にある集落で,オホーツク海に注ぐパラナ川の河口から約 8km上流の右岸に位置する。水産加工工場,郷土博物館がある。人口 3910 (2006推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パラナ

アルゼンチン東部,パラナ川東岸の河港都市。穀物・牛・羊の大産地を後背地とする農畜産物の集散地で,食品加工業が盛ん。1969年対岸のサンタ・フェ市と協力して,パラナ川の下にトンネルを完成させた。
→関連項目イグアス滝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラナ【Paraná】

アルゼンチン東部の都市。エントレ・リオス州の州都。パラナ川の東岸に位置し,人口は20万6848(1991)。1725年サンタ・フェ市からの遠征隊によって建設され,当初はバハーダと呼ばれたが,32年に河川名にちなみ現名に変更された。アルゼンチン連合(1854‐61)の時代(ウルキサ)に首都となり,1870年には共和国最初の師範学校が設置された。農牧産品の集散地であると同時に,工業では食肉加工業などが盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パラナの関連情報