コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラワン島 パラワンとうPalawan Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラワン島
パラワンとう
Palawan Island

フィリピン南西部にある島。ミンドロ島とボルネオ (カリマンタン) 島との間に北東から南西に細長く延び,南シナ海とスル海を分ける。行政的には北東方のカラミアン諸島,南西方のバラバク島などとともにパラワン州を構成している。かつてはボルネオ島と地続きで,動植物相が近似している。脊梁山脈がほぼ全島を貫き,森林におおわれる。最高点はマンタリンガハン山 (2085m) 。イスラム教徒の住民は海岸平野に集中し,特に東岸の南半に多い。北部と東岸にはルソン島ビサヤ諸島からの移住が進んでいる。山地にはニグリト系,プロト=マレー系の少数民族が住む。主作物はイネ,ココヤシ,トウモロコシ,豆類,サツマイモ。漁業も盛んで,州都のプエルトプリンセサと北部のタイタイでは大規模漁業も行われている。プエルトプリンセサ付近で水銀とクロム鉄鉱が採掘される。面積1万 1790km2。人口 31万 1548 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パラワン‐とう〔‐タウ〕【パラワン島】

Palawan Island》フィリピン南西部の島。スールー海と南シナ海に挟まれ、北東から南西に約450キロメートルにわたって細長く伸びる。周辺の無数の小島とともにパラワン州に属す。米、トウモロコシ、サトウキビを産する。中心都市はプエルトプリンセサ。西岸に世界遺産(自然遺産)に登録されたプエルトプリンセサ地下河川国立公園がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラワン島
ぱらわんとう
Palawan

フィリピン南西部、スル海と南シナ海の間に位置し、北東から南西に延びる細長い島。パラワン州の主島をなす。面積1万1785平方キロメートル、長さは447キロメートルにも及ぶが幅は8~48キロメートルにすぎない。パラワン州の人口は73万7000(2000)。山地が多く、マタリンガハン山(2054メートル)をはじめ1500メートル級の山が数多くそびえ、屈曲の多い海岸線が島を巡る。生物地理的にはむしろボルネオ島に近い。フィリピンではもっとも開発が遅れ、人口密度も低い。海岸にはビサヤ人、モロ人が住み、奥地にはバタック人、タグバヌア人、パラワン人などの諸部族が居住している。土地は肥沃(ひよく)で、米、トウモロコシ、サトウキビなどが栽培され、林業、漁業も盛ん。水銀、クロム、鉄鉱の採掘も行われている。中心地はプエルト・プリンセサ(人口16万1912、2000)。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パラワン島の関連キーワードプエルトモロ(フィリピンのイスラム教徒)トゥバタハ・リーフ海中公園トゥバタハ岩礁自然公園サンホセデブエナビスタプエルト・プリンセサコクジャク(小孔雀)インドネシア諸言語パラワンヤマネコ東南アジアの映画モロ民族解放戦線フィリピン舞踊コツメカワウソトリバネアゲハタボン洞穴群パマリカン島センザンコウタボン洞窟群フィリピンタガログ語

パラワン島の関連情報