コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルミジャニーノ Parmigianino, Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パルミジャニーノ
Parmigianino, Francesco

[生]1503.1.11. パルマ
[没]1540.8.24. カーサルマッジョーレ
イタリアの画家。本名 Francesco Mazzola。コレッジオに師事してその最良の後継者となった。 1523年ローマにおもむき,7年間滞在し,その間に多くの制作をするが,同地でまたラファエロやミケランジェロの影響を受けている。 30年,ボローニャでシャルル・カンの肖像画を描き,31年にはパルマに帰って,ここでも活発な活動をみせた。彼の聖母画は,首が長いので『首の長い聖母』 (1534~40,フィレンツェ,ウフィツィ美術館) などと呼ばれるが,マニエリスム特有のフォルムで,コレッジオ流の繊細な明暗法を生かしながら,光の効果を駆使して優雅で洗練された画風を繰広げた。マニエリスト第一世代の画家のうち,きわだった存在で,次代に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パルミジャニーノ

イタリアのマニエリスムの画家。本名フランチェスコ・マッツォーラFrancesco Mazzola。パルマ生れ。父フィリッポFilippo Mazzola〔?-1505〕も画家。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パルミジャニーノ【Parmigianino】

1503‐40
イタリアのマニエリスムの画家。本名マッツォーラFrancesco Mazzola。パルマ生れ。父フィリッポFilippo Mazzola(?‐1505)は,主としてベネチアで活動した画家。伯父のピエル・イライオおよびミケーレ・マッツォーラから画業を学ぶ。パルマの画家コレッジョの作品を研究,決定的な影響を受ける。1523年ローマに赴き,27年ローマ劫掠の折にドイツ軍の囚人となり,ボローニャに行き,31年パルマにもどった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルミジャニーノ
ぱるみじゃにーの

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

パルミジャニーノ

生年月日:1503年1月11日
イタリアの画家
1540年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のパルミジャニーノの言及

【遠近法】より

… マニエリスムは,透視図法の技術を用いているが,窓の中央に立って見ることをやめ,視点を下(ティバルディ,ベロネーゼ),上(ブリューゲル,バザーリ),斜め(ティントレット)に動かすことによって,個人の視点が普遍なる視点と一致しないことを示した。またパルミジャニーノのように曲面に映る映像や,数々の歪像を描くことによって視覚の本質的な主観性を強調した。これは,宇宙観の変動の時代にあたり,人々が唯一の静止した地盤に立っているとは考えなくなったこの時代の,一般的心情の表現とみることもできる。…

【マニエリスム】より


[マニエリスムの誕生]
 マニエリスムの始源については,ミケランジェロの弟子によってローマに発生したとする説と,フィレンツェの1490年代に生まれたポントルモ,ロッソ・フィオレンティーノなどを創始者とする説とがあったが,今日では,以上に見たように,盛期ルネサンスのすべての局面に同時にマニエリスムの萌芽がみられると考えられている。このうち,時期的に最も早いものとしては,フィレンツェの盛期ルネサンスの様式上の完成者アンドレア・デル・サルトとその周辺に育ったポントルモ,ロッソ・フィオレンティーノ,パルマのコレッジョとローマのラファエロ主義の感化を受けたパルミジャニーノ,ラファエロの弟子ジュリオ・ロマーノ,ペンニGiovanni Francesco Penni(1488ころ‐1528),ジョバンニ・ダ・ウーディネGiovanni da Udine(1487‐1561ころ),ペリーノ・デル・バーガPerino del Vaga(1501‐47),これらと独立してシエナにあってレオナルド風の明暗法をおし進めたベッカフーミなどがあげられる。ミケランジェロの影響はこれらすべてに及んだが,とくにロッソ・フィオレンティーノとポントルモに著しい。…

※「パルミジャニーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パルミジャニーノの関連キーワードピロッタ宮殿スプランヘルベランジュベロネーゼグージョン生年月日アバーテ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android