コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーチェス法 ぱーちぇすほう

4件 の用語解説(パーチェス法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パーチェス法

M&Aなど企業結合の際に、被合併会社の資産や負債を時価評価する会計手法の1つ。被合併会社の資産や負債を簿価で評価する持ち分プーリング法に比べ、資産価値が高くなるため、買収企業にとっては費用負担が増す。国際会計基準では持ち分プーリング法を禁止し、パーチェス法を標準的な会計手法としている。日本でも国際会計基準との整合性を目指し、新たに適用される企業結合会計基準では持ち分プーリング法を制限し、原則的にパーチェス法を採用することにしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パーチェス‐ほう〔‐ハフ〕【パーチェス法】

purchase method企業買収における会計処理方法の一つ。合併に際して、被合併会社の資産・負債が時価で再評価され、引き継がれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

パーチェス法

合併・株式交換など企業結合を行った際の会計処理の一つ。「取得」という形で企業結合した場合はこの「パーチェス法」が適用される。パーチェス法とは、支配したほかの企業から受け入れた資産や負債の取得原価を対価として支払う現金や株式の時価を元にして、計算する方法。パーチェス法によって計上された「のれん」は、20年以内に規則的に償却される。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

パーチェス法

企業結合に係る会計処理基準の考え方のひとつ。買収対象企業の純資産と買収金額の差額をのれんとして計上する方法。このため、のれん償却のための費用が生じる。米国の企業結合に関する新会計基準では持分プーリング法を廃止し、国際会計基準審議会 (IASB) においてもパーチェス法に一元化される方向にある。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーチェス法の関連キーワード合併合併比率三角合併CANDA企業結合取得企業結合会計持分の結合企業合併

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーチェス法の関連情報