パーネル(読み)ぱーねる(英語表記)Charles Stewart Parnell

日本大百科全書(ニッポニカ)「パーネル」の解説

パーネル
ぱーねる
Charles Stewart Parnell
(1846―1891)

アイルランド自治運動の指導者。ウィクロウ州エイボンデールの旧家に生まれる。プロテスタント。ケンブリッジ大学卒業後、政界に入り強力な議事妨害戦術を展開して有名になり、1877年バットIssac Butt(1813―1879)を継いで自治運動の指導者になった。一方、1879年には土地同盟の議長に選ばれ、自治問題と土地問題の両面からアイルランド問題の解決をイギリスに迫った。グラッドストーンの土地法や自治法案は、彼の活動に負うところが大きい。しかし1890年、同僚の国民党議員の妻との不義が明るみに出て、国民党の分裂をもたらし、翌1891年の選挙に敗れて引退した。

[堀越 智]

『P・B・エリス著、堀越智・岩見寿子共訳『アイルランド史―民族と階級』上下(1991・論創社)』『S・マコール著、小野修編、大渕敦子・山奥景子訳『アイルランド史入門』(1996・明石書店)』『上野格著「アイルランド」(松浦高嶺著『イギリス現代史』所収1992・山川出版社)』『松尾太郎著『アイルランド民族のロマンと反逆』(1994・論創社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パーネル」の解説

パーネル
Parnell, Charles Stewart

[生]1846.6.27. ウィックロー,アボンデール
[没]1891.10.6. サセックス,ブライトン
アイルランドの政治家。ケンブリッジ大学に学び,1875年からイギリス下院議員となり,アイルランドの自治の合法的獲得を目指した。 79年土地同盟の会長となり,アイルランドの小作人の土地所有のための 3F運動 (小作権の安定 fixity of tenure,公正な地代 fair rent,小作売買の自由 free sale) を展開。土地同盟は自治協会と合同して自治党 (のちの国民党) となったが,自治党議員のリーダーとして活躍,アイルランド側の要求に注意を向けさせるために,議事妨害,過激な演説を行い,81年には禁錮刑に処せられたが,イギリス議会の保守,自由両党の対立を巧みに利用して自治法案の成立に尽力した。 90年同法案の成立直前に,友人 W.オーシェーの夫人との私通の疑いで信用を失い,自治党の分裂を招いた。翌年離婚したオーシェー夫人と結婚したが,政界からは失脚した。

パーネル
Parnell, Thomas

[生]1679
[没]1718
アイルランド生れのイギリスの詩人聖職者スウィフトポープの友人。詩集死後 1722年にポープの編集で出版された。また 70年にはゴールドスミスになる伝記が付された。最も有名な詩篇は『死に寄せる夜の断想』 Night Piece on Death,『隠者』 The Hermit。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「パーネル」の解説

パーネル

アイルランドの民族運動指導者。英国議会を舞台にアイルランド自治獲得運動を展開。1879年アイルランド土地同盟結成と同時にその会長となった。保守・自由両党の対立の間隙をぬって活躍。1890年アイルランド自治法成立直後,スキャンダルが発覚し,政界から失脚。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「パーネル」の解説

パーネル(Parnell)

ニュージーランド北島の都市オークランドの中心街東部の一地区。19世紀半ばに同国で最初住宅街として建設され、ビクトリア朝様式の古い建物が多く残っている。パーネル通りを中心にレストラン、服飾品店、ギャラリーなどが集まり、市民や観光客で賑わう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「パーネル」の解説

パーネル【Charles Stewart Parnell】

1846‐91
アイルランドの政治家。プロテスタント地主の子に生まれたが,民族主義的な環境の下で育ち,ケンブリッジ大学中退ののち1875年から下院議員となる。I.バットの自治党に属し,議事妨害戦術で名をあげ,急速に党内で指導的役割を果たすようになった。79年にアイルランド民族土地同盟の会長になり,79‐82年,土地所有権の回復を求める土地戦争を指導した。パーネルは地主制度廃止をイギリス支配を終わらせる第一歩と考えたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパーネルの言及

【タイムズ】より

…その主張は,内閣の存続にも多大の影響を与える巨大な言論・情報機関となった。 しかし,87年アイルランド独立運動指導者で下院議員でもあるC.S.パーネルがテロリズムを扇動している書簡を紙上に公表し,激烈な攻撃を加えたが,その後の調査で実はこの書簡類が偽造されたものであることがわかり,経済的にも多大の損失を被り,また道義的にも大きく権威を失墜した。その後は新興の大衆新聞に押されて下降線をたどり,ついに1908年,その潮流の代表者ノースクリッフによって買収された。…

【ボイコット】より

…1880年の農業不況という状況のなかで,土地同盟は土地差配人に小作料引下げを要求。要求を拒否した土地差配人に対しては,C.S.パーネルの指導の下に,暴力に訴えるのではなく,土地差配人との関係(経済的関係から近所づきあいに至るまで)をいっさい断つという戦術をとった。この戦術の最初の対象が,小作人を土地から追放しようとしたボイコットであったため,以後この戦術の名称として英語はもとよりヨーロッパ諸語に定着した。…

※「パーネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android