コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒカリモ ひかりも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒカリモ
ひかりも / 光藻
[学]Chromulina rosanoffii (Wor.) Buet.

黄色植物、黄金藻類ヒカリモ属の1種。この属は淡水産で種類も多いが、金色に光るのはこのヒカリモのみである。普通は、アメーバ状の体の一端に1本の鞭毛(べんもう)をもち、遊泳生活をしているが、洞窟(どうくつ)内の水たまりや温室内の水槽など、波立ちのない止水中では浮上して鞭毛を失い、球形に変わって水面上に被膜をつくる。これに光が当たると、黄色レンズ状の葉緑体が光を反射して光ってみえる。千葉県富津(ふっつ)市のヒカリモ発生地は国の天然記念物に指定されている。[小林 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒカリモの関連キーワード千葉県富津市萩生ヒカリモ(光藻)ミズオ(水尾)千葉県富津市クリソモナド黄色鞭毛藻類単細胞生物富津(市)ハプト藻類黄色植物富津市淡水藻モモ光藻小林天羽

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android