コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲナガゾウムシ(髭長象虫) ヒゲナガゾウムシfungus weevil

世界大百科事典 第2版の解説

ヒゲナガゾウムシ【ヒゲナガゾウムシ(髭長象虫) fungus weevil】

甲虫目ヒゲナガゾウムシ科Anthribidaeの昆虫の総称。形はゾウムシ科に似るが,その名のように長い触角をもつ種類が少なくない。クロオビヒゲナガゾウムシApolecta lewisiiの雄の触角は体長の4~4.5倍の長さ。背面に毛によるまだらな紋を有する種類が多い。体長1~2mmの小型種から20mmを超す大型種を含み,世界から2000種あまりが,日本からも約100種が知られている。成虫は枯木や枯木に生じた菌類などに多く見られ,英名もこれによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android