エゴノキ(英語表記)Styrax japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゴノキ
Styrax japonica

エゴノキ科の落葉小高木で,アジア東部の温帯に広く分布する。日本全域の山地に普通に生じ,しばしば2次林にも生じる。花が美しいため庭木とされることもある。高さ数mでよく分枝し,枝は紫褐色。若枝は緑色で年を経ると樹皮が裂けてはげる。葉は互生し,長さ3~6cmの楕円形で先はとがる。全縁で質は薄く,表面緑色,裏面は淡色,脈上と若枝に星状毛がある。春,葉が展開したあとで,若枝の先端に少数個の白花をつけ下向きに開く。花冠は鐘形で深く5裂し,10本あるおしべの花糸とともに星状毛が密におおう。果実は卵円形灰褐色,熟すると縦に割れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エゴノキ

チシャノキ,ロクロギとも。エゴノキ科の落葉高木。日本全土,東アジアの山野にはえる。葉は卵形で長さ4〜8cm,鋸歯(きょし)がある。初夏,小枝の先に短い総状花序を出し,白色花を下垂して開く。花冠は5裂し,径2.5cm。果実は楕円形。秋,果皮が裂け,黒褐色で堅い種子が1個出る。材は緻密(ちみつ)で細工物とし,樹は庭木とする。
→関連項目チシャノキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エゴノキ【Japanese snowbell】

山地や原野に普通に見られるエゴノキ科の落葉小高木で,春に白い花が小枝から垂れて咲く姿が美しい。古名チシャノキ。高さ10mに達し,よく萌芽してしばしば株立ちとなる。樹皮は暗灰褐色,2年枝では糸状にはげる。葉は互生し,長楕円形で先は長くとがり,基部はくさび形,長さ4~8cm,縁に低い鋸歯がある。4~5月,新枝端から2~3cmの柄で1~4花の総状花序を垂らす。各花の萼片は5浅裂し,5深裂する白い花冠の内側に10本のおしべがつき,めしべの長い花柱を取り囲む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゴノキ
えごのき
[学]Styrax japonica Sieb. et Zucc.

エゴノキ科の落葉小高木。樹皮は暗灰色で滑らか。葉は互生し、卵形、長さ4~6センチメートルで、縁(へり)に低い鋸歯(きょし)がある。5~6月に白花が下向きに開く。花冠は径約2.5センチメートルで深く5裂し、雄しべは10本。果実は卵状楕円(だえん)形、長さ約1センチメートルで堅く、灰白色の星状毛を密布する。9月に熟し、不規則に破れて褐色の種子が1個出る。北海道南西部から沖縄に生育し、朝鮮、中国、フィリピンの山野に分布する。変種のオオバエゴノキは葉が大きく、伊豆以南に分布する。果皮はエゴサポニンを含み、洗濯用にするが、有毒である。種子は脂肪油が多くヤマガラが好んで食べる。材は玩具(がんぐ)、将棋の駒(こま)、櫛(くし)にする。枝先にエゴノネコアシとよぶ灰白色の虫こぶがつく。『万葉集』には山萵苣(やまちさ)の名で出てくる。エゴノキ属は約130種が北アメリカ、アジア、ヨーロッパに分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エゴノキの関連情報