コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒストプラズマ症 ヒストプラズマしょう histoplasmosis

2件 の用語解説(ヒストプラズマ症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒストプラズマ症
ヒストプラズマしょう
histoplasmosis

卵円形で大きさ1~5μmの分芽菌による感染症。 1934年に D.トンプキンズらが報告した。世界各地に散在するが,ことにアメリカミシシッピ川オハイオ川流域に多発している。限局性のものと全身性のものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒストプラズマしょう【ヒストプラズマ症 histoplasmosis】

ヒストプラズマ・カプスレータムHistoplasma capsulatumによって起こる全身性感染症。1934年にD.トムキンスらによって発見された。とくに北米,中南米に地方病的にみられ,ミシシッピ川流域が濃厚な流行地である。菌は,窒素分の多い土壌,鳥,コウモリなどの糞で汚染された土壌中から分離され,これらの流行地住人あるいは訪問者に感染する。感染は通常胞子の吸入により生じるが,感染者のほとんどは無症状で,X線検査で肺に石灰化巣が見つかるか,ヒストプラスミン皮内反応で見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヒストプラズマ症の言及

【熱帯医学】より

…このほかに真菌類によって引き起こされる熱帯地方特有の疾病も多い。たとえば,中南米,インドネシア,アフリカおよび北アメリカにみられる呼吸器系感染症であるヒストプラズマ症histoplasmosis,南アメリカおよび北アメリカにみられるコクシジオイデス症coccidioidomycosis,南アメリカにみられるブラストミセス症blastomycosisなどがある。 スピロヘータ類によるものには,フランベジアframbesia(yaws),回帰熱,ワイル病,レプトスピラ症などがある。…

【菌類】より

… 真菌症は健康人に常在する菌類が,なんらかの原因で病原性を表し発症する内因性真菌症(このような感染を日和見感染という)と,本来は常在しない菌類が抵抗力の低下によって感染し発症する外因性真菌症に分けられる。前者には放線菌症,カンジダ症があり,後者にはアスペルギルス症,クリプトコックス症,ヒストプラズマ症などがある。外因性真菌症には,アスペルギルス症のように,世界的にひろくみられるものと,コクシジオイデス症などのように,局地的にみられるものとがある。…

【熱帯医学】より

…このほかに真菌類によって引き起こされる熱帯地方特有の疾病も多い。たとえば,中南米,インドネシア,アフリカおよび北アメリカにみられる呼吸器系感染症であるヒストプラズマ症histoplasmosis,南アメリカおよび北アメリカにみられるコクシジオイデス症coccidioidomycosis,南アメリカにみられるブラストミセス症blastomycosisなどがある。 スピロヘータ類によるものには,フランベジアframbesia(yaws),回帰熱,ワイル病,レプトスピラ症などがある。…

※「ヒストプラズマ症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒストプラズマ症の関連キーワードプラズマロケットプラズマ細胞プラズマジーンプラズマTVプラズモンプロトプラズマメンソレータムプラズマ炉キリン 午後の紅茶 ストレートプラスPlasmavision

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone