ヒドロニウムイオン

百科事典マイペディアの解説

ヒドロニウムイオン

水溶液中の水素イオンH(+/)は実際には溶媒の水分子と結合しH3O(+/)となって存在している。このH3O(+/)をヒドロニウムイオン(ヒドロキソニウムイオンとも)という。さらに多くの水分子と結合(たとえばH9O4(+/))している場合もある。H(+/)に結合した水分子が問題にならぬ中和滴定等の場合にはH(+/)として扱っても差しつかえない。
→関連項目酸性

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヒドロニウムイオン

 ヒドロキソニウムイオンともいう.水素イオンとよばれるHで表されるイオンは,水中では水と会合し,H3Oという形で存在する.このイオンをいう.実際にはさらに数分子の水と会合しているとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ヒドロニウムイオン【hydronium ion】

酸性水溶液中でオキソニウム-イオンの周りにさらにいくつかの水分子が水和しているイオン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒドロニウムイオン
ひどろにうむいおん
hydronium ion

水和した水素イオンのうちH3O+の俗称。正しくはオキソニウムイオンoxonium ionという。水和が重要でないときは簡単に水素イオンという。水素イオンすなわちプロトンはほかのイオンに比べるとはるかに小さく、したがって電荷密度がきわめて高く、そのため、水中では水分子の非共有電子対と結合して下図のようなオキソニウムイオンをつくる。

しかも、このイオン中の三つの水素原子は互いに対等であり、したがって、それぞれ同程度の正電荷を帯びることになる。このため、これらの三つの水素原子はほかの水分子と水素結合によってつながり、H3O+3H2O=H9O4+のような原子集団をつくっている。いわば水和したオキソニウムイオンとなっている。このようなオキソニウムイオンの存在は結晶中でもみいだされており、たとえば過塩素酸一水和物HClO4H2O(融点50℃の無色の結晶)は、実は[H3O][ClO4]のようなイオン結晶であることが明らかにされている。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android