コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナステラ

2件 の用語解説(ヒナステラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒナステラ

アルゼンチンの作曲家。ヒナステーラとも。ビラ・ロボスチャベス以後の中南米作曲界を代表する大家。生地ブエノス・アイレスの音楽院に学び,1971年からはジュネーブに定住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ヒナステラ

1916年ブエノスアイレス生まれ。1928年ウィリアムス音楽院に入学し、音楽理論ソルフェージュピアノ、和声、作曲を習う。1936年から国立音楽院にてパルマに和声を、ヒルに対位法フーガをアンドレに ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒナステラの関連キーワードタンゴパンパスブエノスアイレスラプラタルハン亜爾然丁アルヘンティーナブエノスディアス津田正夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒナステラの関連情報