コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒビミドロ Ulothrix flacca (Dillw.) Thuret

世界大百科事典 第2版の解説

ヒビミドロ【Ulothrix flacca (Dillw.) Thuret】

日本各地の沿岸,とくに冬季に内湾の高潮線付近の岩上や杭などによく生育する,緑色の短い毛髪状の海藻。緑藻綱ヒビミドロ科に所属する。体は1列の細胞糸からなり,太さ10~25μm,細胞内には1個の核と1個の環帯状の葉緑体がある。海水温度が低い冬季は,主として無性的に遊走子をつくって生殖するが,温度が上昇する春季になると,雌雄配偶子をつくって有性生殖を行う。接合子は単細胞のままで夏を越し,秋に内部に遊走子を形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒビミドロ
ひびみどろ
[学]Ulothrix

緑色植物、緑藻類の1属の総称。山間の渓流などに着生する淡水藻で、円筒形の細胞がつながって長い糸状となり、中に板状の葉緑体が入っている。和名の由来は、手にとると、手にひびが入ったようにみえることによる。[小林 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒビミドロの関連キーワードヨコワミドロ(横輪水泥)ヒビミドロ(ひび水泥)ヒトエグサ内生胞子一重草小林

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android