コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメエゾボラ ヒメエゾボラNeptunea arthritica; arthritic neptune shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメエゾボラ
Neptunea arthritica; arthritic neptune shell

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。普通本種を特にツブ (本来は巻貝の意) という。殻高 9cm,殻径 5.5cm。殻は太い紡錘形で褐色ないし紫褐色であるが,殻表は通常よごれて灰白色となっている。層は円錐形状に高く,肩に角があり,ここで結節となるが,発達して鰭状になったり,逆に消失していることもある。殻口は大きく,内面は紫色。ふたは黒褐色,革質で厚い。核は下端にある。産卵期は5~7月 (水温 13~14℃) で,25~50個の黄色の革質の卵嚢を重ねて産む。肉は食用となるが,唾液腺にテトラミンを含んでいるため,多く食べると中毒し,酒に酔ったようになるのでネムリツブともいう。房総半島以北の本州,北海道や日本海,朝鮮半島などの寒流域の潮間帯から水深 100mの岩礁にすむ。日本海に分布する型はチョウセンボラ N.arthritica cumingiとして区別されることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒメエゾボラ

ツブとも。エゾバイ科の巻貝。高さ11cm,幅7cmに達する。褐〜紫褐色,汚れて汚白色の個体も多い。殻の肩には普通こぶ状突起,まれにひれ状突起が並ぶ。ふたは厚い革質で黒褐色,下端に核がある。
→関連項目ツブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヒメエゾボラ

 [Neptunea arthritica].バイ目バイ亜目エゾホラ属の巻貝.食用にされる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメエゾボラ
ひめえぞぼら / 姫蝦夷法螺
whelk
[学]Neptunea arthritica

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝。東北地方以北、北海道、オホーツク海沿岸に分布し、潮間帯下の岩礁から砂地にすむ。また、日本海、朝鮮半島、華北にも分布し、地方による個体変異が著しい。殻高90ミリ、殻径50ミリぐらいの太く短い紡錘形で、殻は硬く厚く、各層はよく膨らみ、肩に結節や稜(りょう)ができる個体もある。蓋(ふた)は革質で厚く卵円形で、黒褐色。殻色も淡褐色、濃褐色、縦縞(たてじま)様の模様のある個体などがある。殻口内は黄褐色ないし暗緑褐色で、つやがある。ツブと俗称される種の一つである。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメエゾボラの関連キーワードバイ(巻き貝)エゾボラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android