コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメエゾボラ ヒメエゾボラ Neptunea arthritica; arthritic neptune shell

4件 の用語解説(ヒメエゾボラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメエゾボラ
ヒメエゾボラ
Neptunea arthritica; arthritic neptune shell

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。普通本種を特にツブ (本来は巻貝の意) という。殻高 9cm,殻径 5.5cm。殻は太い紡錘形で褐色ないし紫褐色であるが,殻表は通常よごれて灰白色となっている。螺層は円錐形状に高く,肩に角があり,ここで結節となるが,発達して鰭状になったり,逆に消失していることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒメエゾボラ

ツブとも。エゾバイ科の巻貝。高さ11cm,幅7cmに達する。褐〜紫褐色,汚れて汚白色の個体も多い。殻の肩には普通こぶ状突起,まれにひれ状突起が並ぶ。ふたは厚い革質で黒褐色,下端に核がある。
→関連項目ツブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ヒメエゾボラ

 [Neptunea arthritica].バイ目バイ亜目エゾホラ属の巻貝.食用にされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメエゾボラ
ひめえぞぼら / 姫蝦夷法螺
whelk
[学]Neptunea arthritica

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝東北地方以北、北海道オホーツク海沿岸に分布し、潮間帯下の岩礁から砂地にすむ。また、日本海朝鮮半島、華北にも分布し、地方による個体変異が著しい。殻高90ミリ、殻径50ミリぐらいの太く短い紡錘形で、殻は硬く厚く、各層はよく膨らみ、肩に結節や稜(りょう)ができる個体もある。蓋(ふた)は革質で厚く卵円形で、黒褐色。殻色も淡褐色、濃褐色、縦縞(たてじま)様の模様のある個体などがある。殻口内は黄褐色ないし暗緑褐色で、つやがある。ツブと俗称される種の一つである。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメエゾボラの関連キーワードエゾバイオオエッチュウバイカガバイ軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母越中蛽軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone