コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメクロウミツバメ ヒメクロウミツバメ Oceanodroma monorhis; Swinhoe's storm petrel

2件 の用語解説(ヒメクロウミツバメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメクロウミツバメ
ヒメクロウミツバメ
Oceanodroma monorhis; Swinhoe's storm petrel

ミズナギドリ目ウミツバメ科。全長 18~21cm。全身すすけた黒褐色で,日本で見られるほかの小型のウミツバメとは腰が白くないことで容易に区別される。ロシア日本海沿岸,日本,朝鮮半島中国東部,タイワン(台湾)の近海の島嶼で繁殖し,冬は南シナ海からインド洋北部で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメクロウミツバメ
ひめくろうみつばめ / 姫黒海燕
Swinhoe's storm-petrel
[学]Oceanodroma monorhis

鳥綱ミズナギドリ目ウミツバメ科の海鳥。全長約20センチメートルの小形種。全身暗褐色で白色部はない。外洋性で、夏季に台湾や日本列島周辺の暖流域沿海の島で繁殖し、冬季にはインド洋に渡る。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメクロウミツバメの関連キーワード海燕水凪鳥大水薙鳥水薙鳥海つばめウミツバメ(海燕)ミズナギドリ(水凪鳥)モグリウミツバメ(潜海燕)ミズナギドリ属ミズナギドリ目

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone