コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャクナゲ

3件 の用語解説(ヒメシャクナゲの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒメシャクナゲ

ツツジ科の常緑小低木。本州中部以北の高山の湿原にはえ,北半球の寒地に広く分布する。高さ10〜20cm。葉は細長く,長さ1〜3cm,上面は濃緑色,下面は白色を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメシャクナゲ【marsh andromeda】

寒地の湿原に生えるツツジ科の常緑の小低木。茎の下部は地をはい,上部は斜上して高さ10~20cm。葉は互生し,厚く広線形で,長さ1.5~3.5cm,幅3~7mm,縁は裏面に巻きこむ。裏面は白色を帯びる。5~7月,枝先の花芽の間から2~10個の細長い花柄をもつ花が散状につく。萼は深く5裂する。花冠は白色で紅味を帯び,長さ約5mm,つぼ形で先は浅く5裂する。おしべは10本。葯の先に2本の角状突起があり,先端が開孔する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメシャクナゲ
ひめしゃくなげ / 姫石楠花
[学]Andromeda polifolia L.

ツツジ科の常緑小低木。高さ10~30センチメートル。葉は互生し、広線形で長さ1.5~3センチメートル、革質で縁(へり)は裏面に反り返る。葉の表面は細脈が網状にへこみ、裏面は粉白色である。7~8月、枝先に散形花序をつくり、数個の淡紅色花を下向きに開く。花冠は壺(つぼ)形で長さ5~6ミリメートル、先は浅く5裂する。花柄は長さ1~2センチメートル、萼片(がくへん)とともに淡紅色である。果実は扁球(へんきゅう)形の(さくか)で径約5ミリメートル、上を向く。高原や高山帯の湿地に生え、中部地方以北の本州、北海道、および北半球の寒帯に広く分布する。名は、シャクナゲに似ているが、全体が小形であることによる。ミズゴケで鉢植えにして観賞する。ヒメシャクナゲ属は北半球の寒冷地に2種分布する。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒメシャクナゲの言及

【湿原】より

…微地形により地下水位が異なることが一因となってこの植物の分布が決められていることが知られている。ミズゴケ類でもり上がった小凸地hummock(ブルト)には,レンゲツツジ,ヒメシャクナゲ,ノリウツギなどの低木や,ヤマドリゼンマイ,ヌマガヤなどが生育する。小凹地hollow(シュレンケ)や湛水(たんすい)シュレンケpoolには,ミカヅキグサ,ヤチスギラン,ホロムイソウなどや,ハリミズゴケ,ウツクシミズゴケなどの半水生のミズゴケが生育する。…

※「ヒメシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメシャクナゲの関連キーワード岩梨地百足栂桜蔓苔桃箱根米躑躅日陰躑躅米躑躅米葉栂桜白玉の木蔓黄楊

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメシャクナゲの関連情報