コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャクナゲ

百科事典マイペディアの解説

ヒメシャクナゲ

ツツジ科の常緑小低木。本州中部以北の高山湿原はえ北半球寒地に広く分布する。高さ10〜20cm。葉は細長く,長さ1〜3cm,上面は濃緑色,下面白色を帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメシャクナゲ【marsh andromeda】

寒地の湿原に生えるツツジ科の常緑の小低木。茎の下部は地をはい,上部は斜上して高さ10~20cm。葉は互生し,厚く広線形で,長さ1.5~3.5cm,幅3~7mm,縁は裏面に巻きこむ。裏面は白色を帯びる。5~7月,枝先の花芽の間から2~10個の細長い花柄をもつ花が散状につく。萼は深く5裂する。花冠は白色で紅味を帯び,長さ約5mm,つぼ形で先は浅く5裂する。おしべは10本。の先に2本の角状突起があり,先端が開孔する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメシャクナゲ
ひめしゃくなげ / 姫石楠花
[学]Andromeda polifolia L.

ツツジ科の常緑小低木。高さ10~30センチメートル。葉は互生し、広線形で長さ1.5~3センチメートル、革質で縁(へり)は裏面に反り返る。葉の表面は細脈が網状にへこみ、裏面は粉白色である。7~8月、枝先に散形花序をつくり、数個の淡紅色花を下向きに開く。花冠は壺(つぼ)形で長さ5~6ミリメートル、先は浅く5裂する。花柄は長さ1~2センチメートル、萼片(がくへん)とともに淡紅色である。果実は扁球(へんきゅう)形の(さくか)で径約5ミリメートル、上を向く。高原や高山帯の湿地に生え、中部地方以北の本州、北海道、および北半球の寒帯に広く分布する。名は、シャクナゲに似ているが、全体が小形であることによる。ミズゴケで鉢植えにして観賞する。ヒメシャクナゲ属は北半球の寒冷地に2種分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒメシャクナゲの言及

【湿原】より

…微地形により地下水位が異なることが一因となってこの植物の分布が決められていることが知られている。ミズゴケ類でもり上がった小凸地hummock(ブルト)には,レンゲツツジ,ヒメシャクナゲ,ノリウツギなどの低木や,ヤマドリゼンマイ,ヌマガヤなどが生育する。小凹地hollow(シュレンケ)や湛水(たんすい)シュレンケpoolには,ミカヅキグサ,ヤチスギラン,ホロムイソウなどや,ハリミズゴケ,ウツクシミズゴケなどの半水生のミズゴケが生育する。…

※「ヒメシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒメシャクナゲの関連キーワード利尻礼文サロベツ国立公園暑寒別天売焼尻国定公園北海道雨竜郡雨竜町厚岸道立自然公園浮島(池沼)日光石南花雨竜沼湿原戦場ヶ原酸性植物小林義雄田代平尾瀬恵山

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android