コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメダイ Pristipomoides sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメダイ
Pristipomoides sieboldii

スズキ目フエダイ科の海水魚。全長 40cm内外で,ときに 80cm近くに達する。体は側扁し,やや細長く,両眼の間に鱗がない。背鰭および尻鰭の最後の軟条が長く糸状に伸びている。舌上に歯帯がある。体は紫赤色で,腹方は淡い。南日本の太平洋岸,インド・太平洋に分布する。食用魚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメダイ
ひめだい / 姫鯛
[学]Pristipomoides sieboldii

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。伊豆諸島、南日本、南西諸島、中・西部太平洋、ハワイなどに分布する。体は長い紡錘形で、体の横断面は円に近い。両顎(りょうがく)に犬歯がなく、絨毛(じゅうもう)状歯帯がある。背びれと臀(しり)びれの最後軟条はほかの軟条の2倍以上長い。尾びれの後縁は深く二叉(にさ)する。全長約40センチ。体は灰色を帯びた紫赤色で腹部は淡紫褐色。両眼間隔域に小紫褐色点が散在する。各ひれはすべて淡赤褐色。南日本では100~200メートルの深さの岩礁域に群生している。一本釣り、深海延縄(はえなわ)などで漁獲される。肉は白身で美味。刺身、吸い物、煮つけ、焼き物として賞味され、高級魚として取り扱われる。近縁種にナガサキフエダイ、オオヒメ、キンメフエダイ、キマダラフエダイなどがある。[赤崎正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒメダイの関連キーワードダイコクコガネ血引

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android