コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュアキントス Hyakinthos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュアキントス
Hyakinthos

ギリシア神話の美少年。スパルタに近いアミュクライの生れで,この市の名祖アミュクラスの息子。アポロンの愛童となったが,彼に横恋慕した西風の神ゼフュロスが嫉妬して,遊技の最中にアポロンの投げた円盤を彼の額に命中させ,落命させた。このとき傷口から流れた血から生じたのが,ヒアシンスの花で,この花びらには,「アイアイ」というアポロンの悲嘆の叫びが文字で記されているという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒュアキントス

ギリシア神話の美少年。アポロンに愛されたが,神が投げた円盤に当たって死ぬ。その血から,神の嘆きを表すAI AI(ああ!)の字の花弁をもつヒアシンスが生じたという(実際はアイリスの一種か)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュアキントス【Hyakinthos】

ギリシア神話で,アポロンに愛されたアミュクライ(スパルタ近くの町)の美少年。アポロンと円盤投げに興じていたとき,アポロンの投げた円盤にあたって死んだ。一説では,少年の愛をアポロンと競って敗れたゼフュロスZephyros(〈西風〉)が,意趣返しに風をおこして円盤の方向をそらしたためともいう。このとき,大地をぬらした少年の血から,花弁にAI AI(ああ!)の文字をつけた花ヒアシンス(実際にはアイリスの一種がそのような花弁をもつ)が生じたと伝えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヒュアキントス【Hyakinthos】

ギリシャ神話中の美少年。アポロンに愛されたが、西風神ゼフィロスの嫉妬から事故死し、その血から花が咲いたという。 〔ヒヤシンスの名はこれに由来するが、その花は今日のヒヤシンスではなく、アイリスの一種であったとされている〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヒュアキントスの言及

【植物】より

…しかしながら,農民はそれだけでは満足せず,森や山から樹霊を招来するばかりでなく,みずからの耕している大地の中に新しい神を設定する。例えば古代ギリシア人はヒュアキンティアHyakinthiaなる祭りを行ったが,この祭りは,アポロンの誤って投げた円盤があたって死んだ美少年ヒュアキントスを記念する春祭である。ところで,このヒュアキントスは実はヒアシンス,あるいは類似の植物を人格化,神格化したものであると考えられる。…

【ヒアシンス】より

…栽培されるヒアシンスはヒアシンス・オリエンタリスH.orientalis L.から改良されたものであるが,ほかにも数種が栽植されている。【水野 嘉孝】
[神話]
 ヒアシンスの名称はギリシア神話に出てくる美少年ヒュアキントスにちなむ。ヒュアキントスはスパルタのアミュクライ市で生まれたが,その美しさのゆえにアポロン神に愛され,いっしょに円盤投げに興じていたとき,アポロンの投げた円盤があやまって頭にあたり,落命した。…

※「ヒュアキントス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュアキントスの関連キーワードヒアシンス(植物)ギリシア神話ニキアス

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android