コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューマンインターフェース ヒューマンインターフェース human interface

4件 の用語解説(ヒューマンインターフェースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒューマンインターフェース
ヒューマンインターフェース
human interface

人間が使用するのに必要な安全性,信頼性,利便性などをもった機械システムを,人間の知覚,認知,行動を熟知したうえで,利用者と機械を含んだ系をシステム的にとらえて構築・研究する分野。インターフェースを人間と外界との相互作用と考えると,機械と人間だけでなく,日常の生活空間の設計などあらゆる分野にわたる考えである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒューマン‐インターフェース(human interface)

マンマシンインターフェース

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒューマンインターフェース

人と人との交わり(相互理解)を支援するために,人や機械や計算機を活用する技術。高速,大量のデータ伝送,処理技術を背景に,意思疎通を追求することがヒューマンインターフェースの課題である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒューマンインターフェース【human interface】

ヒューマンインターフェース(HI)とは,広義には,人と,機械や道具など人工物とのかかわりのことであるが,最近では,もっぱら,コンピューターとのかかわりを意味するようになっている。少しずつ意味合いは異なるが,ユーザーインターフェース,ヒューマンコンピューターインタラクションも使われる。 広義のHIの問題は,人が道具を発明したときから存在していたが,これが大規模かつ組織的に研究されるようになったのは,アメリカにおいて,第1次大戦での教訓を踏まえた武器の使いやすさの向上という実用的な要請からであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒューマンインターフェースの関連キーワードインターフェースコマンドラインインターフェースヒューマンインタレストブレーンマシンインターフェースマンマシンインターフェースレガシーインターフェースタッチインターフェースwebユーザーインターフェース非接触型インターフェースマン・マシンインターフェース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒューマンインターフェースの関連情報