ヒューマンインターフェース(英語表記)human interface

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間が使用するのに必要な安全性,信頼性,利便性などをもった機械システムを,人間の知覚,認知,行動を熟知したうえで,利用者と機械を含んだ系をシステム的にとらえて構築・研究する分野。インターフェースを人間と外界との相互作用と考えると,機械と人間だけでなく,日常の生活空間の設計などあらゆる分野にわたる考えである。なお,ヒューマンインターフェースには,ハードウェア技術とソフトウェア技術の二つが存在するが,これらの技術を分離して考えることは不可能である。コンピュータとユーザーとの良好なインターフェースを保つためのソフトウェア技術をユーズウェアと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

人と人との交わり(相互理解)を支援するために,人や機械や計算機を活用する技術。高速,大量のデータ伝送,処理技術を背景に,意思疎通を追求することがヒューマンインターフェースの課題である。単に物を伝えるだけでなく,表現,出会い,発見,発想等,意思疎通型のコミュニケーションを支援する。→インターフェース

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒューマンインターフェース(HI)とは,広義には,人と,機械や道具など人工物とのかかわりのことであるが,最近では,もっぱら,コンピューターとのかかわりを意味するようになっている。少しずつ意味合いは異なるが,ユーザーインターフェースヒューマンコンピューターインタラクションも使われる。 広義のHIの問題は,人が道具を発明したときから存在していたが,これが大規模かつ組織的に研究されるようになったのは,アメリカにおいて,第1次大戦での教訓を踏まえた武器の使いやすさの向上という実用的な要請からであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android