コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒユ ヒユ Amaranthus inamoenus; amaranth

4件 の用語解説(ヒユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒユ
ヒユ
Amaranthus inamoenus; amaranth

ヒユ科の一年草,ヒョウまたはヒョウナともいう。インド原産といわれ,マレー半島や中国では野菜として広く栽培される。日本にも古くから伝わり,山間の人家などで栽培されていたことがあるが,近時はあまりみられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒユ

ヒョウとも。ヒユ科の一年草。インド原産といわれ,若葉を食べるため,まれに暖地の畑に植えられ,ときに野生化している。茎は直立し,少し分枝して,高さ1m内外,柄の長い,菱形(ひしがた)状卵形の葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒユ【Ganges amaranth】

薬用または観賞用に栽培される,インド地方原産のヒユ科の一年草(イラスト)。葉に紅色や黄色などの美しい色彩をもつ変異型がある。種小名tricolor(3色の)はこのような変異にちなんだものである。茎は高さ80~170cm,無毛。葉はひし形またはひし形状卵形で長さ4~12cm,長い葉柄がある。花は日本では8~10月,頂生および腋生(えきせい)の穂状花序につく。頂生の花序は長く伸び,枝分れしない。花は単性花で,雌雄同株

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒユ
ひゆ /
[学]Amaranthus tricolor L. subsp. mangostanus (L.) Aellen

ヒユ科の一年草。毛はなく、茎は直立し、高さ約1メートル。葉は菱(ひし)状の卵形で緑色、長さ約10センチメートルになる。花期は8~10月。頂生する花序は穂状であるが、腋生(えきせい)の花序は球形。花被(かひ)は目だたず、普通は3枚。包葉の先は毛状。ハゲイトウは本種から改良されたもので、花序は頂生しない。野菜のバイアム(ヒユナ)は葉が長さ20センチメートルになり、柔らかく、病害虫に強い。ヒユ属は世界に約60種知られ、日本にも10種余りが野生する。アオビユは包葉の先が刺(とげ)状で、ヒユと並ぶ史前帰化植物である。他種の多くは明治以降の帰化植物で、ハリビユは葉腋に一対の刺があり、ハイビユは地面をはう。ヒユ属とケイトウ属はよく似ているが、ヒユ属は胚珠(はいしゅ)が1個、ケイトウ属Celosiaは2~8個ある点で区別される。ヒユ属でもケイトウの名がつく種類がある。それらは花被と雄しべが5個で、ヒユ類は3個である。アオゲイトウは茎に毛があり、花序は短い。ヒモゲイトウは花序が紅色で、1メートルも垂下する。観賞するほか穀物として扱われ、センニンコクの名がある。スギモリゲイトウは花序が分枝し、大きく、普通、黄色を帯びる。[湯浅浩史]

文化史

ヒモゲイトウはアンデス、スギモリゲイトウはメキシコで、有史前から栽培され、種子を穀物として食べた。メキシコのテワカン洞窟(どうくつ)から紀元前7000~前5000年のヒユ属が出土している。スペイン侵入前は、メキシコの主食の一つであった。現在もヒマラヤから中国西部の山地で栽培される。野菜としてのヒユは古代のギリシアで栽培が始まり、テオフラストスはイヌビユをキュウリと同じく、4月に種子を播(ま)いて育てる夏野菜に分類した(『植物の調査』)。中国でも古くから食用にされ(『斉民(せいみん)要術』)、日本では10世紀の『和名抄(わみょうしょう)』に野菜(当時は野の菜の意味)として名があげられている。江戸時代は広く栽培された。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒユの関連キーワード花卉バーベナブバルディアリナリア小菊仙翁黒竹スタキスヒッペアストラムメキシカンマリーゴールド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒユの関連情報