コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウタンゴケ Funaria hygrometrica Hedw.

2件 の用語解説(ヒョウタンゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒョウタンゴケ【Funaria hygrometrica Hedw.】

ヒョウタンゴケ科の蘚類(イラスト)。世界に広く分布し,日本でも全国に普通に産し,裸地上に生じるが,とくにたき火などの焼跡に好んで生える性質がある。植物体は小さく淡緑色,群生または散生する。茎は高さ0.5~1cm,葉は卵形で鋭頭,中央脈は先端に達する。雌雄同株で胞子体をよく生じる。蒴柄(さくへい)は長さ3~6cm,成熟するとねじれて,乾湿に応じてゆるやかな旋回運動を行う。蒴は洋梨形で傾斜または下垂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒョウタンゴケ
ひょうたんごけ
[学]Funaria hygrometrica Hedw.

コケ植物ヒョウタンゴケ科の代表的な種。湿った土の上に群生し、ほとんど全世界的に分布する。とくに火災跡や山火事の跡などに多量に発生することがある。茎の高さは1センチメートル以下と短く、茎の先のほうには卵形の葉が集まってつく。雌雄同株で、盛んに胞子体をつける。胞子体の柄は1~5センチメートルの長さで、この先に洋ナシ形をした(さく)をつける。は、初めは緑色をしているが、しだいに黄褐色となり、古くなると褐色になる。胞子体ができていないときは、似たような形態をもつ種類が多いため、見分けるのはむずかしい。
 ヒョウタンゴケはよく胞子体がつき、胞子も発芽しやすいので、培養は容易である。このため昔から植物生理学や遺伝学の実験材料として使われてきた。ヒョウタンゴケ科にはヒョウタンゴケ属のほかツリガネゴケ属やニセツリガネゴケ属などがあり、植物体にも似たものがあるが、胞子体の形状は著しく異なる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒョウタンゴケの言及

【コケ植物(苔植物)】より

…ホンモンジゴケは銅イオンを好み,神社などの銅ぶきの屋根から雨水の落ちる場所に生育する。ヒョウタンゴケは焼け跡を好む性質がある。ヒカリゴケは深山の洞穴や大木のうろなど光のごく弱い場所に生える。…

※「ヒョウタンゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone