コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタエイ ヒラタエイUrolophus aurantiacus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタエイ
Urolophus aurantiacus

トビエイ目ヒラタエイ科の海水魚。全長約 40cmになる。体盤はほぼ円形でなめらか。尾部はアカエイ類(→アカエイ)に比べて太くて短い。背側は一様に淡褐色で,腹側は白色。尾部には鋸歯状の縁辺をもつ鋭い毒棘(どくきょく)がある。これに刺されると疼痛を伴う。南日本から東シナ海までに分布し,普通 200m以浅の砂底で生活している。胎生で,夏に出産する。底引網などで漁獲され,練製品の原料として利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラタエイ【sepia stingray】

エイ目アカエイ科の海産魚。三崎などでは体がぬるぬるしているところからズルンタエイなどという。本州中部以南各地および朝鮮半島の沿岸域に分布する。小型のエイで全長30cmくらいにしかならない。アカエイ科に属するが,他のアカエイ類とは尾部が短くほぼ体盤長に等しいこと,幅広い尾びれが尾部先端の背腹両面にあることで区別される。背面は黄褐色で腹面は白っぽい。体の表面は粘液に富んでいて,しかもうろこがない。尾部のほぼ中央に毒針があり,刺されると痛い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタエイ
ひらたえい
sepia stingray
[学]Urolophus aurantiacus

軟骨魚綱エイ目アカエイ科に属する海水魚。本州中部以南、東・南シナ海などに分布する。体盤の長さと幅がほぼ等しいこと、尾部は短く、その先端に明瞭(めいりょう)な丸みのある尾びれをもつこと、背びれはなく、普通1本の大きな棘(とげ)が尾部中央付近にあることが特徴。卵胎生で春に数尾の子を産む。全長30センチメートルになる。底引網などで漁獲され、練り製品の原料となる。アカエイ類とは尾びれのあることで区別できる。日本近海の近縁種としてはウスエイUrotrygon daviesiがあるが、ウスエイの尾びれは非常に細長い。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒラタエイの関連キーワード毒魚

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android