コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンジ ヒンジhinge

翻訳|hinge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンジ
hinge

扉のちょうつがいのこと。2つの部材が接合される点において,力は伝達されるが,この点のまわりの回転が自由になされるため曲げモーメントは生じないような部材の節点 (結合点) をいう。またピンともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒンジ(hinge)

ちょうつがい。また、ちょうつがい状のもの。
部材と部材との継ぎ目、または支点。構造物で、ピンなどを用いて、上下左右には動かないが回転は自由にできるようにした接合の状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヒンジ

蝶番(ちょうつがい)のこと。または蝶番のように支点は不動で回転自由な支持構造。の支点などに用いられる構造で,圧縮力は伝達されるがモーメントは伝達されない。上下の構造物の間にアスファルト,鋼,鉛等の支圧板を挿入したもの,鋼製シュー,ローラーを挿入したものなどがある。
→関連項目ゲルバー橋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

レーシック関連用語集の解説

ヒンジ

フラップの端を切り落とさずに残した部分=蝶番

出典|レーシックNETレーシック関連用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヒンジ【hinge】

上下左右には動かないが、回転は自由であるような材と材の接点または支点の状態。また、そのための機構。ちょうつがい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ヒンジ【hinge】

蝶番(ちょうつがい)。⇒蝶番

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のヒンジの言及

【褶曲】より

…しばしば探鉱の目標とされる。
[単一の褶曲に関する術語]
 単一の褶曲断面において,褶曲面の曲率が最大になる点をヒンジhingeといい,ヒンジを結んでできる線をヒンジ線または褶曲軸という(図2)。ヒンジの両側の曲率の小さい部分を翼または脚といい,曲率0の点を変曲点という。…

※「ヒンジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒンジの関連キーワードアドバネクスモーションデザインシコルスキーVSロベール マイヤールアレクサンドル3世橋ガルウイングドアスリーヒンジ構造スピードブレーキクラムシェル型新プラスチックツーヒンジ構造接合(建築)ヘリコプターアドバネクス川崎OH塑性設計法大井製作所マイヤールスポイラー静定構造物フラップ

ヒンジの関連情報