ヒートパイプ(英語表記)heat pipe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒートパイプ
heat pipe

密閉された容器 (パイプ) 内にウィックと呼ばれる多孔質材などを内張りし,液体を封入したもので,動力を必要とせず熱量輸送のできる伝熱装置である。ヒートパイプの一端を加熱し,他端を冷却すれば,加熱部で内部の液体が蒸発して蒸気となり冷却部へと流動し,ここで冷却されて凝縮熱を放出して凝縮する。凝縮した液は,ウィックの毛細管作用により加熱部へと返送され,連続的に熱量が輸送され,条件によっては銅の 100倍程度の実効熱伝導率が得られる。 1964年に人工衛星の熱電子発電装置に初めて用いられて以来,電子機器の冷却や,料理用機器,医療用凍結装置,産業用熱交換器など広く用いられている。ウィック材には,焼結合金,金網,発泡メタルなどが用いられ,作動液体には,使用温度に応じてフロン系冷媒,水,水銀,ナトリウム,銀などが使用される。液体の帰還方法は,毛細管力によるものが普通であるが,回転式ヒートパイプでは遠心力が利用され,また重力を利用したものも広義にはヒートパイプと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒートパイプ
ひーとぱいぷ
heat pipe

熱を効率よく大量に伝える装置。1942年アメリカのゼネラル・モーターズ社で開発された。両端を閉じて内部を排気し、壁面に多孔質物質をつけた中空パイプで、内部に水やメタノール(メチルアルコール)、アセトン、ナトリウム、水銀などを入れてある。パイプの一端を高温に保ち、他の一方を低温に保つと、高温部で管内の流体が蒸発し大量の熱をもつ蒸気になり、管内の中空部を流れて低温部に移動する。低温部で蒸気が凝縮し、大量の熱を放出する。熱を捨てた液体は管壁の多孔質部分を通り高温部に戻る。液体の温度変化に加え、蒸発、凝縮の潜熱による熱の移動をおこし、温度差に比較して大量の熱を伝えることができる。パイプには銅、ステンレス、セラミックスなどが使われる。[吉田正武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒートパイプの言及

【管】より

…アセチルセルロースや芳香族ポリアミドなどの半透膜を利用した逆浸透法と呼ばれる海水淡水化技術などは,その最も新しい応用例の一つである。また,ヒートパイプheat pipeと呼ばれる特殊な管もある。これはアルミニウム,銅,ステンレスなどの金属管の中に,大きな気化熱をもち,しかもその蒸気の拡散速度の大きな熱媒体(フロン,アンモニアなど)を閉じ込めたもので,この管は全体として非常に大きな熱拡散能(銅の千数百倍)をもつ物体となる。…

【熱】より

…また高温の部分で液体の気化,低温のところで気体の液化が起こるようにし,かつ液体は低温から高温部へ,気体は逆に流れるようにすると,気化熱が伝達されることになる。これを利用したのがヒートパイプである。 乱雑な熱運動をしている原子は光子,すなわち電磁波の量子を放出するため,一般に物体は表面から放射を放出したり吸収したりする。…

※「ヒートパイプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒートパイプの関連情報