コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエンヌ ビエンヌ Vienne

4件 の用語解説(ビエンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビエンヌ
ビエンヌ
Vienne

フランス南東部,イゼール県にある町。リヨン南方約 30km,ローヌ川左岸の斜面上に発達した古都,河港都市,工業都市カエサル遠征後,ガロ・ローマ都市の一つとして発展。ブルゴーニュプロバンス両地方を含む地域の首都となり,882年神聖ローマ帝国の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビエンヌ(Bienne)

ビール

ビエンヌ(Vienne)

フランス中東部、ローヌアルプ地方、イゼール県の都市。リヨン南郊、ローヌ川沿いに位置する。古代ローマ時代より交通の要衝として栄え、当時の劇場、神殿、門などの遺跡が残っている。14世紀にテンプル騎士団の解散を決定したビエンヌ公会議が行われた地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビエンヌ【Vienne】

フランス南東部,イゼールIsère県の都市。人口2万8294(1982)。ローヌ川左岸に位置。アロブロゲス族根拠地からローマのウィエネンシス属州の主都,のち大司教座都市(1790まで)として繁栄したが,ルネサンス以後衰退。今日は,織物,金属,薬品工業が立地する。ローマ時代のアウグストゥスリウィアの神殿や大劇場,サン・モーリス大聖堂(12~16世紀),サン・ピエール教会(6世紀および12世紀。現,ガロ・ロマン美術館),サンタンドレ・ル・バ修道院教会(9~12世紀。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビエンヌの関連キーワードイエールグラースドーフィネバンスサナリーシュルメールサントビクトワール山ルールマランラ・コストイゼール[川]バランス・シュル・ローヌ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビエンヌの関連情報