コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオル ビオルviol

翻訳|viol

3件 の用語解説(ビオルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオル
ビオル
viol

弦楽器の一種。 16~18世紀にヨーロッパ室内楽用に使われた。高音用から低音用まであり,多くの変種もあるが,おもなものは,ビオラ・ダ・ブラッチョ,ビオラ・ダ・ガンバビオラ・ダモーレ,ビオラ・ポンポーザ,ビオラ・ボルドーネ (バリトン) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビオル

中世以来,18世紀までヨーロッパで盛んに使われた弓奏弦楽器の総称。英語ではバイオルviol,イタリア語ではビオラviola。ビオルとバイオルはビオラ・ダ・ガンバをさす場合もある。
→関連項目バードビオラモンテベルディ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビオル【viole[フランス]】

ヨーロッパの中世以来の弓奏の弦楽器の総称。16世紀にはビオラ・ダ・ガンバとビオラ・ダ・ブラッチョの二つの流れに分かれ,後者からバイオリン生まれる。このほか18世紀に盛んに使われたバリトンビオラ・ダモーレなどを総括した名称。英語ではバイオルviol,イタリア語ではビオラviola。 フランス語のビオル,英語のバイオルはビオラ・ダ・ガンバを指す場合も多い。ビオラ・ダ・ガンバ大橋 敏成

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビオルの言及

【バイオリン】より

…バイオリンはビオラチェロコントラバスとともにバイオリン族と呼ばれる擦弦楽器の一族を形成し,そのなかの最高音域を受け持っている。コントラバスはもとはビオル族に由来する楽器であるが,通常バイオリン族に数えられる。その他ポシェットpochetteと呼ばれる小型バイオリンもあり,18世紀までダンス教育用に用いられた。…

※「ビオル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビオルの関連情報