ビオル(英語表記)viol

翻訳|viol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオル
viol

擦弦楽器の一種。 16~18世紀にヨーロッパで室内楽用に使われた。高音用から低音用まであり,多くの変種もあるが,おもなものは,ビオラ・ダ・ブラッチョビオラ・ダ・ガンバビオラ・ダモーレビオラ・ポンポーザ,ビオラ・ボルドーネ (バリトン) など。現在では主として古楽器の演奏用に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビオル

中世以来,18世紀までヨーロッパで盛んに使われた弓奏弦楽器の総称。英語ではバイオルviol,イタリア語ではビオラviola。ビオルとバイオルはビオラ・ダ・ガンバをさす場合もある。スペインのリュート系楽器から発達し,16世紀以降ビオラ・ダ・ガンバとビオラ・ダ・ブラッチョの2つの系統に分かれ,後者からバイオリンが誕生したといわれる。前者の場合もバイオリン属に似るが,胴の上端がとがっている,裏板が平らである,フレットがある,響孔がC字形である,弦が6本で4度と3度の間隔で調弦されるなどの点が異なり,音量は小さいが,音質はやわらかい。楽器は両脚ではさんだり,脚の上にのせ,掌(てのひら)を上向きに弓を持って演奏する。後者にはフレットがなく,主に5度調弦で,弓もバイオリン同様手の甲を上にして握られる。ほかにビオラ・ダモーレなどの楽器がビオル属に分類されるが,オリジナル楽器による古楽の演奏が広く浸透した今日,バイオリン属以外の楽器をひとまとめにしたこの呼称はしだいに用いられなくなってきている。→コントラバス
→関連項目バードビオラモンテベルディ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビオル【viole[フランス]】

ヨーロッパの中世以来の弓奏の弦楽器の総称。16世紀にはビオラ・ダ・ガンバとビオラ・ダ・ブラッチョの二つの流れに分かれ,後者からバイオリンが生まれる。このほか18世紀に盛んに使われたバリトンビオラ・ダモーレなどを総括した名称。英語ではバイオルviol,イタリア語ではビオラviola。 フランス語のビオル,英語のバイオルはビオラ・ダ・ガンバを指す場合も多い。ビオラ・ダ・ガンバ【大橋 敏成】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビオルの言及

【バイオリン】より

…バイオリンはビオラチェロコントラバスとともにバイオリン族と呼ばれる擦弦楽器の一族を形成し,そのなかの最高音域を受け持っている。コントラバスはもとはビオル族に由来する楽器であるが,通常バイオリン族に数えられる。その他ポシェットpochetteと呼ばれる小型バイオリンもあり,18世紀までダンス教育用に用いられた。…

※「ビオル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android