ビタミンD剤(読み)ビタミンディーザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

ビタミンD剤

製品名
《アルファカルシドール製剤》
アルシオドール(シオノケミカル、、辰巳化学、ファイザー)
アルファカルシドール(あすか製薬、エルメッド、沢井製薬、サンノーバ、武田テバファーマ、武田テバ薬品、武田薬品工業、東和薬品、日医工、日本ジェネリック、ビオメディクス、扶桑薬品工業)
アルファロール(中外製薬)
カルフィーナ(共和薬品工業、マルホ)
トヨファロール(旭化成ファーマ)
ワンアルファ(帝人ファーマ)
《エルデカルシトール製剤》
エディロール(中外製薬、大正ファーマ)
《カルシトリオール製剤》
カルシトリオール(共創未来ファーマ、皇漢堂製薬、沢井製薬、武田テバファーマ、武田テバ薬品、武田薬品工業、日本ジェネリック、ビオメディクス、陽進堂)
カルデミン(久光製薬、龍角散)
ロカルトロール(杏林製薬、中外製薬)
《ファレカルシトリオール製剤》
フルスタン(キッセイ薬品工業、大日本住友製薬)
ホーネル(大正製薬、大正ファーマ)

 ビタミンD(ビタミンD3)の補給剤です。


 ビタミンD欠乏症くる病骨脆弱症こつぜいじゃくしょう骨軟化症テタニーなどのビタミンD不足からおこる病気)の治療や、食物からビタミンDを十分に摂取できない状態の人(妊産婦授乳婦乳幼児のビタミンD補給のほか、骨粗鬆症こつそしょうしょう副甲状腺機能低下症ふくこうじょうせんきのうていかしょう慢性腎不全じんふぜんの治療にも使用されます。ファレカルシトリオール製剤は、活性型ビタミンD3製剤で、維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症ふくこうじょうせんきのうこうしんしょうにも用いられます。


 エルデカルシトール製剤も活性型ビタミンD3製剤で、骨粗鬆症の治療に用いられます。


 アルファカルシドール製剤で、急性腎障害、肝機能障害、黄疸おうだんが、エルデカルシトール製剤で、高カルシウム血症、急性腎障害、尿路結石が、ファレカルシトリオール製剤で、高カルシウム血症、肝機能障害、黄疸、尿路結石、腎結石がおこることがあります。このようなときは、使用を中止して、ただちに医師に報告してください。


 また、食欲不振、嘔吐おうと、胃部不快感、下痢、便秘、頭痛、不眠、倦怠感けんたいかん(だるさ)、ねむけ、かゆみ、発疹ほっしん、血液障害、代謝障害(高リン血症、尿酸上昇など)、高尿酸血症、腎機能の低下などがおこることがあります。


このような症状がおこったら、医師に相談してください。


①錠剤、カプセル、散剤、内用液があります。1日の使用回数と使用時間・1回の使用量については医師の指示をきちんと守り、かってに中止したり、増量・減量しないでください。


 指示された量より多く飲むと体内に過剰に蓄積され、頭痛、脳圧亢進のうあつこうしんなどの中毒症状をおこすことがあります。乳幼児の栄養補給を重視するあまり、過量に服用させないでください。


②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。


 とくに、妊婦あるいは現在妊娠している可能性のある人は、必ず医師に報告してください。エルデカルシトール製剤では、妊婦、妊娠している可能性のある人、母乳で授乳中の人は使用できません。


 また腎障害のある人も医師に報告し、使用する場合も指示をより厳重に守ってください。


カルシトリオール製剤は、高カルシウム血症、ビタミンD中毒症の人には使用できません。


③ほかの薬を使う必要が生じたときは、必ず医師に報告してください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報