コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッラ ビッラ Villa, Carlo

2件 の用語解説(ビッラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビッラ
ビッラ
Villa, Carlo

[生]1931. ローマ
イタリアの詩人,小説家。ビットリーニ,カルビーノ共編の年刊文芸誌『メナボー』第6号 (1963) に 22編の詩を発表,前衛詩人として出発。その後小説に転じた。主著『われらは古代の生物』 Siamo esseri antichi,『並みの嘔吐』 La nausea media (64) ,『天の預り物』 Deposito celeste (67) ,『瓶の中の島』L'isola in bottiaglia (72) ,『愚かな息子』 Il figlio assurdo (72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビッラ
びっら
Carlo Villa
(1931― )

イタリアの作家、詩人。詩集『生きていることの特権』でデビューし、小説『並みの嘔吐(おうと)』(1964)で認められる。デフォルメに満ちた言語で現代の不条理を暴く、幻想的かつグロテスクな作風が特徴で、作品には『偽りの荘厳』(1977)、『口述された幼年期』(1982)の詩集と、『壜(びん)のなかの島』(1972)、『セーラムのマンドレーク大司教』(1982)の小説、『不条理の子』(1972)などの評論がある。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビッラの関連キーワードローマ進軍イタリアンローマの泉ローマの松ローマの祭イタリア 150 トリオイタリア合奏団イタリアンロールローマの祭りローマ風

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビッラの関連情報