コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッラ Villa, Carlo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビッラ
Villa, Carlo

[生]1931. ローマ
イタリアの詩人,小説家。ビットリーニ,カルビーノ共編の年刊文芸誌『メナボー』第6号 (1963) に 22編の詩を発表,前衛詩人として出発。その後小説に転じた。主著『われらは古代の生物』 Siamo esseri antichi,『並みの嘔吐』 La nausea media (64) ,『天の預り物』 Deposito celeste (67) ,『瓶の中の島』L'isola in bottiaglia (72) ,『愚かな息子』 Il figlio assurdo (72) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビッラ
びっら
Carlo Villa
(1931― )

イタリアの作家、詩人。詩集『生きていることの特権』でデビューし、小説『並みの嘔吐(おうと)』(1964)で認められる。デフォルメに満ちた言語で現代の不条理を暴く、幻想的かつグロテスクな作風が特徴で、作品には『偽りの荘厳』(1977)、『口述された幼年期』(1982)の詩集と、『壜(びん)のなかの島』(1972)、『セーラムのマンドレーク大司教』(1982)の小説、『不条理の子』(1972)などの評論がある。[古賀弘人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビッラの関連キーワードクラウディオ ヴィッラレッジョディカラブリアエミリア・ロマーニャマソ・ディ・バンコクーマ考古学公園ダウラターバードフローベルガーブラフマグプタエトルリア美術フラスカーティパスカレッラビチェンツァフィレンツェエトルリア人イタリア史シチリア島ムッサートビッラーニティエポロヤーダバ朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android