コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘厳 しょうごん

7件 の用語解説(荘厳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘厳
しょうごん

サンスクリット語のアランカーラ alamkāraの訳語。仏像や仏堂を飾ること,またその装飾具 (荘厳具) 。仏像の冠,瓔珞 (ようらく) ,光背,仏堂の天蓋,幢幡 (とうばん。→ ) ,華鬘 (けまん) などをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐げん〔シヤウ‐〕【荘厳】

しょうごん(荘厳)

しょう‐ごん〔シヤウ‐〕【荘厳】

[名](スル)
智慧・福徳・相好などで浄土や仏の身を飾ること。
仏像や仏堂を、天蓋・幢幡(どうばん)・瓔珞(ようらく)などでおごそかに飾ること。また、その物。
[名・形動]そうごん(荘厳)

そう‐ごん〔サウ‐〕【荘厳】

[名・形動]重々しくおごそかなこと。おごそかでりっぱなこと。また、そのさま。「荘厳な式典」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうげん【荘厳】

しょうごん【荘厳】

( 名 ) スル
〔呉音〕
〘仏〙 浄土などの仏国土、仏・菩薩などの徳を示す美しい姿や飾り。また、仏堂・仏像などを美しく飾ること。また、その飾り。 「壇を立て-して/曽我 1」 → そうごん(荘厳)

そうごん【荘厳】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
重々しく、威厳があって気高い・こと(さま)。 「 -な楽の音」
( 名 ) スル
しょうごん(荘厳) 」に同じ。 「阿弥陀堂に-し/栄花 本の雫
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の荘厳の言及

【文様】より

…漢訳仏典《四分律(しぶんりつ)》によると,仏塔には籐(とう)(唐草)や葡萄蔓(ぶどうまん)(葡萄唐草),蓮華(れんげ)などの植物文様がほどこされていたこともわかる。仏教寺院では,堂塔や尊像などを装飾することを〈荘厳(しようごん)〉というが,これはサンスクリットのビューハvyūhaの漢訳語で,〈飾る〉という意味である。荘厳は厳飾(ごんしよく)ともいい,それが仏法によるものであって,一般世俗の装飾とは異なることを示す宗教的呼称といえよう。…

※「荘厳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荘厳の関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荘厳の関連情報