ビルアルドゥアン(英語表記)Villehardouin, Geoffroy de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルアルドゥアン
Villehardouin, Geoffroy de

[生]1150頃.バルシュルオーブ
[没]1213頃.ギリシア?
フランスの軍人,年代記作者シャンパーニュ伯に仕える軍人であり,政治,外交面でも重用され,ベネチア十字軍への参加を依頼するなど多くの外交交渉にあたった。 1202年第4回十字軍に参加。 04年ラテン帝国設立後,その一部を封土として与えられ,12年頃ギリシアのトラキア地方でフランス語散文による最初の作品『コンスタンチノープル征服』 La Conquête de Constantinopleを著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビルアルドゥアン

フランスの年代記作者。シャンパーニュの貴族。1199年以来十字軍に参加,第4次十字軍では主役を務め,その経験を《コンスタンティノープル攻略史》(1207年ころ)に書き残した。単なる戦史ではなく神の摂理を説く救済史叙述が特色。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビルアルドゥアン【Geoffroi de Villehardouin】

1150?‐1213?
フランスの騎士,歴史家。シャンパーニュのトロア市近郊のビルアルドゥアン城に生まれ,第4回十字軍(1201)に参加,フランス語散文の最初の記念碑とされる《コンスタンティノポリス攻略誌》(1207ころ)を著した。シャンパーニュ伯ティボー3世の命を受けて,彼はベネチア市と十字軍士をエルサレムまで運ぶ乗船契約の交渉をしたが,ティボー3世が急逝し,モンフェラート侯が代わって指揮する第4回十字軍は予定の人数に達せず契約金が払えなくなり,ベネチアの巧みな扇動でキリスト教徒の町コンスタンティノポリスを攻略,略奪を行ってしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android