ピッキング(読み)ぴっきんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピッキング

販売流通業において、出荷するための商品を倉庫などから取り出すこと。出荷指示と積載の間の行程に当たる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピッキング(picking)

物流業で商品を仕分けすること。
ピック3で弦をはじくこと。
ピック4を用い、錠のシリンダー部分を操作して解錠すること。この技術を悪用した不正侵入が2000年前後に多発し、社会問題となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ピッキング【picking】

物流において、物品を保管場所から取り出したり配送先ごとに仕分ける作業。
弦楽器で、弦をピックで弾く演奏法。 → ピック
針金状の専用工具を用い、ドアを開錠すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ピッキング

〘名〙 (picking)
物流業で商品を仕分けすること。
② ピック③で弦をはじくこと。
③ 鍵穴にピックと呼ばれる小型工具を差し込んで、不法に解錠をすること。
※鍵孔のない扉(1969)〈鮎川哲也〉七「これはピッキング法というやつでしてね、左手で錠をあける方向にひねりをかける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピッキングの関連情報