ピューマ(英語表記)Puma concolor; puma; cougar; mountain lion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピューマ
Puma concolor; puma; cougar; mountain lion

食肉目ネコ科体長1~2m,尾長 50~80cm,体重は雄 100kg,雌 60kgに達する。肢は比較的太い。体は黄褐色であるが色彩変異が多い。幼獣には黒色斑がある。広い行動圏をもち,一夜に 40kmも歩くといわれる。木登り泳ぎもうまい。小~大型の草食獣捕食するが,魚なども食べる。ヒトを襲うことはほとんどない。カナダ,南・北アメリカ分布し,低地から標高 3000mまでの森林地帯または沼沢地にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピューマ

アメリカライオン,クーガー,パンサーとも。食肉目ネコ科の哺乳(ほにゅう)。体長105〜196cm,尾67〜78cm。灰褐色〜黒色まで変異に富む。カナダ南部,アメリカ北東部〜パタゴニアに分布。多く山地の森林やステップにすむ。木登りが巧みで,樹上からシカ,ウサギ,小型齧歯(げっし)類などにとびかかり捕らえる。1腹3〜4子。ときに馬や牛を襲うこともある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピューマ【puma】

雌ライオンに似た食肉目ネコ科の哺乳類(イラスト)。mountain lion,cougar,pantherの英名もある。北アメリカのカナダ西部から南アメリカのパタゴニアまで広く分布。雄は体長105~196cm,尾長66~79cm,体重67~103kg,雌は体長96~152cm,尾長53~82cm,体重36~60kg。肩高60~70cmほど。体の大きさ,体色などに地理的変異が多く,30の亜種に分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピューマ【puma】

ネコ科の哺乳類。頭胴長1.2~1.8メートル、尾長70センチメートルほど。体毛は短く、淡黄色ないし赤褐色。泳ぎや木登りもうまい。主にシカ・ビーバーなどを食う。南北アメリカに分布。アメリカライオン。アメリカヒョウ。クーガー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピューマ
ぴゅーま
pumacougarAmerican lion
[学]Puma concolor

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。アメリカライオン、クーガーともいう。カナダ西部から南アメリカ南端まで分布し、平地から高山に至る砂漠、岩地、草原、森林など、ほとんどの地域に生息する。体長1.1~1.6メートル、尾長60~85センチメートル、体重30~120キログラム。大きさと体色は変化に富み、普通は黄褐色であるが、黒色から褐色、灰色までまれにみられる。成獣の体は単色で耳と尾の先端が黒色であるが、幼獣には暗色をした大きな斑紋(はんもん)が体にある。単独で生活し早朝と日没後によく活動する。泳ぎや木登りもうまいが地上生で、シカを主食とし、北アメリカでは全食物の50~70%がシカである。ほかにビーバーやヤマアラシ、ときにヒツジやウマなどを襲う。縄張り(テリトリー)は雄で9~50平方キロメートル、雌で5~20平方キロメートルで、雄どうしの縄張りは重ならず、1頭の雄の縄張りは1頭以上の雌のものと重なり合うという。繁殖期は一定でないが、北アメリカではほとんどの子は夏に生まれる。妊娠期間は92~96日で、雌は岩の間などの巣で1産2~4子、ときに6子を産む。子は体長25~30センチメートル、体重400~500グラムで、約5週間乳を飲む。雌親はノウサギやリスを運んでくるようになり、普通、1年間は子とともに過ごす。寿命は飼育下で19年。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ピューマ

〘名〙 (puma 元来は、ケチュア語) ネコ科の哺乳類。体長は雄一・一~二・〇メートル、雌はやや小さい。ヒョウと同じくらいの大きさ。外形はライオンの雌に似るが、頭が比較的小さく、後肢が長く、尾の先に毛の房がない。体色は変異にとみ、灰褐色、赤褐色から黒色のものまであり、斑紋はなく、ほおに黒斑がある。南北アメリカに分布。森林・川辺・草原にすみ、木登りと泳ぎが巧みで、シカ・ウサギのほかウマなども捕食するが、人を襲うことはほとんどない。クーガー。パンサー。マウンテン‐ライオン。アメリカ‐ライオン。〔舶来語便覧(1912)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のピューマの言及

【ネコ(猫)】より

…【村下 重夫】。。…

【ネコ(猫)】より

…殺した獲物は近くの安全な茂みに運び込み,そこで食べるが,通常は毛や羽毛は食べない。食べ残すと,ヒョウはしばしば樹上に運び上げ保存するが,多くのものはピューマF.concolorのように木の葉や枝をかけておく。そして,近くの樹上,樹洞,岩穴,岩の割れ目,他の動物が捨てた土穴,あるいは茂みなどの休息場から,毎日食べに通ってくる。…

※「ピューマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピューマの関連情報