コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピラミッド・テキスト Pyramid texts

世界大百科事典 第2版の解説

ピラミッド・テキスト【Pyramid texts】

古代エジプトの葬礼文書の一つ。故王の復活と永生を助けるため,葬儀や供養の儀式の際に誦された呪文の集成で,古王国末期のピラミッド(第5王朝のウナス,第6王朝のペピ1世,メルエンラー1世,ペピ2世,第8王朝のイビ,およびペピ2世の3人の王妃のもの)の墓室壁面に刻まれたのでこの名がある。統一されたテキストがあるわけでなく,ピラミッドごとに用いられる呪文に異同がある。現在,ドイツのエジプト学者ゼーテKurt Sethe(1869‐1934)の集成により759章が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピラミッド・テキストの言及

【ピラミッド】より

… 第5王朝以降ピラミッドの規模は縮小したままで(底辺の平均の長さ約80m)石積み技術も低下する。ただ葬祭殿はいっそう重視され,構造の整備,多様な浮彫や植物柱の使用が進み,第5王朝末からは無銘であった墓室にも〈ピラミッド・テキスト〉や偽扉が刻まれるようになる。第12王朝のピラミッドは底辺の平均的長さ約100m,切石や日乾煉瓦の骨組みの間を割石または砂礫で埋め,切石で外装した。…

※「ピラミッド・テキスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピラミッド・テキストの関連キーワードペピ2世ネフェルカレー死者の書(宗教文書)ウナス王のピラミッドテティ王のピラミッドヘリオポリスエジプト美術エジプト史エジプト語マスペロ死者の書ハゾル

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android