コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルニッツ宮殿 ピルニッツきゅうでん Pillnitz Palas

3件 の用語解説(ピルニッツ宮殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピルニッツ宮殿
ピルニッツきゅうでん
Pillnitz Palas

ドイツの宮殿。ドレスデン郊外のピルニッツに,1720~32年ザクセンフリードリヒ・アウグスト1世M.D.ペッペルマンに命じて建てさせた東洋風の宮殿で,「インドの家」と「水の宮殿」に分かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピルニッツ‐きゅうでん【ピルニッツ宮殿】

Schloß Pillnitz》ドイツ東部、ドレスデン近郊のエルベ渓谷沿いにある宮殿。中国趣味を取り入れたバロック式で15世紀頃に建造。18世紀、ザクセン選帝侯フリードリヒ=アウグスト1世の夏の離宮として、建築家マテウス=ペッペルマンにより大幅に増築された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ピルニッツきゅうでん【ピルニッツ宮殿】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の南180km、ドレスデン(Dresden)の上流約10kmのエルベ川河畔に建つ、優雅な佇まいの壮大な宮殿。この地に15世紀初めにこの地方の領主が館を建てたのが最初で、17世紀初めに本格的な宮殿となり、17世紀末にザクセン選帝侯とポーランド国王を兼任した「強健王」フリードリヒ・アウグスト1世(ポーランド王としてはアウグスト2世)の所有の宮殿となった。1720年にフリードリヒ・アウグスト1世は大規模な増築に着手した。大規模な庭園の拡張や教会の新築とともに、当時流行した東洋をイメージした山の宮殿(Bergpalais)と水の宮殿(Wasserpalais)を建設した。その後、1818年にもともとあったルネサンス様式の宮殿が火災で焼失し、その後に、山と水の両宮殿と一体感を持った新宮殿(Neue Palais)が建設された。庭園には日本からもたらされた、樹齢230年余といわれる椿の大樹がある。ドレスデンからは陸路バスで行く方法のほか、古い外輪蒸気船(遊覧船)でエルベ川を遡る方法がある。宮殿までの遊覧の所要時間は約1時間半。フリードリヒ・アウグスト1世は、ドレスデンの宮殿からゴンドラを仕立ててこの夏の宮殿に通ったといわれる。その船着き場を通って上陸することができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピルニッツ宮殿の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ベルリンタワーベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団クーダムベルリンテレビ塔ベルリン動物園

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone