ピロス(読み)ぴろす(英語表記)Plos

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピロス(ギリシア)
ぴろす
Plos

ギリシアのペロポネソス半島南西部、メッシニア県(古代のメッセニア)の町。外国人にはむしろナバリノNavarinoの名で知られる。現代ギリシア語ではPlosと発音する。人口約2500。1827年のナバリノの海戦の舞台となったナバリノ湾の南東岸に位置する。16世紀にオスマン・トルコによって城塞(じょうさい)が築かれたが、市街地の建設は1829年に始まった。古代には、ナバリノ湾の北端コリファシオン岬の南端部がピロスとよばれた。ペロポネソス戦争中の紀元前425年にアテネが占領し、対岸のスファクテリアSphakteria島を攻略して、スパルタ人292人を捕虜にしたことで知られる。ミケーネ時代のピロスの港もおそらくこの岬にあった。また、ここから北東へ約10キロメートルのエパノ・エングリアノスの丘で1939年に発掘が始められた前1300~前1200年の遺跡は、ミケーネ時代のピロスの王宮(ホメロスではネストル王の居城)跡と考えられている。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android