コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロス Pílos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロス
Pílos

古代ギリシア語読みではピュロス Pylos。ギリシア,ペロポニソス半島南西部の都市。細長いスファクティリア島によってほぼ遮蔽されたナバリノ湾の南岸に位置する。ホメロスの叙事詩に登場するピュロス王ネストルの王都の位置については,古くから論争が続いているが,1939年市の北数 km,ナバリノ湾北岸で前 1700~1200年頃のミケーネ式宮殿が発掘され,ネストルの居城として有力視されている。またこの遺跡からはクノッソスやミケーネで発見された線状B文字にきわめてよく似た文字を刻んだ粘土板も出土,考古学上の貴重な資料となっている。古代ギリシアの歴史家ツキジデスによれば,前 425年アテネがこの地でスパルタを破ったときには,市はすでに荒廃していたという。中世には同湾南岸に町が形成され,ナバリノ Navarinoと呼ばれた。 15世紀以降オスマン帝国の支配下におかれたが,ギリシア独立戦争 (1821~29) 中,1827年同湾内でオスマン帝国が敗退 (→ナバリノの戦い ) ,ギリシアの独立が決定的となった。現在の市は 29年にフランス人により建設された。主産業は漁業,牧畜など。人口 2594 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピロスの関連キーワードピュロス(古代ギリシアのエペイロスの王)ヘラクレス(ギリシア神話の英雄)労働人民進歩党[キプロス]クラウディウス・カエクスニコ ピロスマナシビリデメトリオス(1世)デモステネス(将軍)ジョセフソン同期効果クロトン(イタリア)ピュロス(ギリシア)ピロス(ギリシア)ペイシストラトスペロポネソス戦争ピロスマナシビリエウチデモス1世パラジャーノフオデュッセイアネオプトレモスアンドロマケエピロス帝国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android