コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイフ ファイフFyffe, Will

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイフ
Fyffe, Will

[生]1885. スコットランドダンディー
[没]1947.12.14. ファイフ,セントアンドルーズ
イギリスのコメディアンパントマイム役者。スコットランド人の特徴をとらえた演技で人気があった。第2次世界大戦中の軍慰問活動の功績により,イギリス王室から3等勲爵士に任ぜられた。

ファイフ
Fife

イギリススコットランド東部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地グレンロセス。1996年の自治体再編で単一自治体となった。全域が旧ファイフ県と重なる。東は北海に面し,北海の入り海であるテー湾によって北を,フォース湾によって南をかぎられる。ところどころに丘陵地帯があるほかは,ゆるやかに起伏する低地からなり,北部には肥沃なファイフ谷が広がり,ここをイーデン川が北東流してセントアンドルーズの近くで北海に注ぐ。西部から南部にかけてはスコットランド中央炭田の一部をなす炭鉱地帯が広がる。ファイフ谷を中心とした北東部では農業が盛んで,穀物,ジャガイモテンサイなどの栽培と,乳牛飼育,牧羊が行なわれる。南西部では工業が主産業で,カーコーディダンファームリンなどに紙製品,ウイスキー,電子機器,金属製品,食品加工,化学などの工業がある。イギリス最大級のニュータウングレンロセスには各種軽工業が立地する。かつては交通の便がきわめて悪かったが,1870~90年代にテー湾とフォース湾を横断する鉄道橋が,1960年代には道路橋が建設され,北のダンディー,南のエディンバラ両方面と直接連絡されるようになった。面積 1325km2。人口 35万8930(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファイフ【Duncan Phyfe】

1768‐1854
アメリカ近代を代表する家具師。1783年ころスコットランドからアメリカのオルバニーに移住,ニューヨークで徒弟修業を積み94年ころには家具師として商館を設立した。1815年には商館,工場,倉庫を拡大し,数百人の職人を雇用して,シェラトン様式からディレクトアール様式,後にはアンピール様式の家具を相次いで製作した。彼のマホガニーの椅子,ソファテーブルなどは,彫りの精緻さ,プロポーションの正確さ,シンチュウ金物の仕上げの良さで,高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファイフの関連キーワードコロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京芸術大学120周年天津条約天津条約巨文島事件伊藤博文カルサビナグラントクーパー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファイフの関連情報