コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイヤアーベント ファイヤアーベント Feyerabend, Paul Karl

3件 の用語解説(ファイヤアーベントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイヤアーベント
ファイヤアーベント
Feyerabend, Paul Karl

[生]1924.1.13. ウィーン
[没]1994.1.11. ジュノリエ
ウィーンに生れ,アメリカで活躍した科学哲学者。ワイマールドイツ演劇革新研究所に学んだが,その後ウィーン大学で歴史学のほか自然科学多方面にわたって学び,ポパー,ウィトゲンシュタインらのウィーン学団の伝統を引く物理学者,哲学者と接触するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファイヤアーベント【Paul Karl Feyerabend】

1924‐94
ウィーン生れ,アメリカの哲学者。ウィーン音楽大学,ウィーン大学,ワイマール演劇研究所などで,音楽,演劇,物理学,天文学,数学を学び,ブレヒトに傾倒して演劇を志したが,やがて哲学に転向。ウィーン大学で学位を取得,さらにロンドン大学にも学んだあと,ブリストル大学で教鞭をとり,1958年アメリカに渡って,カリフォルニア大学バークリー校哲学教授となる。チューリヒ工科大学教授を兼任。60年代前半,T.S.クーンらの科学論に近いところで哲学界に登場,クーンの〈共約不可能性〉の議論と同値の論考(《説明,還元,経験主義》1962)を発表したりした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ファイヤアーベント【Paul Feyerabend】

1924~1994) オーストリア生まれの科学哲学者。クーンとともに新科学哲学のリーダーとして知られる。近代科学の方法論や偏狭な理性概念を批判し、自由で創意に富む科学研究を推奨する「知のアナーキズム」を唱えた。著「方法への挑戦」「自由人のための知」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファイヤアーベントの言及

【科学】より

…それは,基本的には,現在科学が,政治,教育,経済などあらゆる社会的制度によって,その正当性と正統性とが保証されているからにすぎないと考えられる。他の民族科学(たとえば中国の伝統的医学)も,現在先進社会で科学に対して行われているような,社会制度を挙げての投資と保護とを得たときには,科学に匹敵するような〈有効性〉をもつ可能性は捨てられない,と考えるP.K.ファイヤアーベントのような論者もいるのである。このような徹底した科学の相対化の立場は,多少奇矯にみえながらも,1960年代以降に生まれた新しい科学論の展開に支えられて,今日一部に根を下ろしつつあり,また,少なくとも科学のある側面を鋭く言い当てていることは確かであると思われる。…

【科学史】より

…ハンソンは,科学を支える客観的データの神話を壊すとともに,これまで自明とされてきた他の知識体系に対して科学のもつ独自的特権性という考え方そのものにもくさびを打ち込んだ。それを受け継いだのがT.クーンでありP.K.ファイヤアーベントであった。クーンは《科学革命の構造》(1962)によって,科学の連続的な進歩の前提を覆し,科学それ自体のなかに内包される自律的発展機構の存在を否定することによって,〈内部史〉と〈外部史〉の区別を乗り越えるとともに,歴史記述法historiographyの問題にも重要な衝撃を与えた。…

【科学哲学】より

…すなわち,われわれにとって純粋で中立的な観察というものは元来ありえず,すべてはすでに現に存在している理論や解釈によって汚染されているのであり,したがって,科学革命というものも,新しい観察の出現によってなされるというよりは,むしろその時代の理論的パラダイムの転換によってなされると考えるべきであるということになる。この話題ではT.クーン,ハンソンR.Hanson,ファイヤアーベントなどの業績が大きい。(3)決定論と自由の問題も一つの重要テーマである。…

※「ファイヤアーベント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファイヤアーベントの関連キーワードウィーン学団ウィーン学派ウィーン古典派ウィーンの公式ウィーン宮廷楽団ウィーン・シティマラソンスウィート・スウィートバッグハロウィーンの死体スウィート・リトル・シックスティーンウィーンフィル舞踏会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone