ファビオ カンナヴァーロ(英語表記)Fabio Cannavaro

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ファビオ カンナヴァーロ
Fabio Cannavaro
サッカー

サッカー選手(DF)
生年月日:1973年9月13日
国籍:イタリア
出生地:ナポリ
受賞歴:バロンドール〔2006年〕;FIFA年間最優秀選手〔2006年〕
経歴:1993年セリエAのナポリでプロデビュー。’95年パルマへ移籍。’94年、’96年U-21欧州選手権で優勝。’97年イタリア代表(カテナチオ)デビュー。’98年W杯フランス大会ではセンターバックとして活躍。2000年欧州選手権準優勝に貢献し優秀選手に選ばれる。2002年W杯日韓共催大会代表。同年インテル、2004年ユベントスに移籍。2005年、2006年リーグ制覇(のちタイトル剥奪)。2006年W杯ドイツ大会では主将を務め、6大会ぶり4度目のイタリア優勝に貢献。W杯後、不正問題によるユベントスの2部降格が決まり、スペインのレアル・マドリードに移籍。同年欧州最優秀選手(バロンドール)と、男子のDFとしては初のFIFA年間最優秀選手の2冠に輝く。同じ年の2冠は史上8人目。2009〜2010年シーズンはユベントスでプレーし、W杯南アフリカ大会代表にも選出。2010〜2011年シーズンはUAEのアルアハリでプレー。2011年シーズン後に膝の怪我を理由に現役引退を発表したが、2012年インドで開幕する新リーグに参加。イタリア史上最高のDFと呼ばれ、代表での136試合出場は同国史上最多記録。2006〜2007年FIFA年間ベストイレブン。175センチ、72キロ。ハードタックルが持ち味。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ファビオ カンナヴァーロ
Fabio Cannavaro

職業・肩書
サッカー監督(アル・ナスル)

国籍
イタリア

生年月日
1973年9月13日

出生地
ナポリ

受賞
バロンドール〔2006年〕,FIFA年間最優秀選手〔2006年〕

経歴
1993年セリエAのナポリでプロデビュー。’95年パルマへ移籍。’94年、’96年U-21欧州選手権で優勝。’97年イタリア代表(カテナチオ)デビュー。’98年W杯フランス大会ではセンターバックとして活躍。2000年欧州選手権準優勝に貢献し優秀選手に選ばれる。2002年W杯日韓共催大会代表。同年インテル、2004年ユベントスに移籍。2005年、2006年リーグ制覇(のちタイトル剥奪)。2006年W杯ドイツ大会では主将を務め、6大会ぶり4度目のイタリア優勝に貢献。W杯後、不正問題によるユベントスの2部降格が決まり、スペインのレアル・マドリードに移籍。同年欧州最優秀選手(バロンドール)と、男子のDFとしては初のFIFA年間最優秀選手の2冠に輝く。同じ年の2冠は史上8人目。2009〜2010年シーズンはユベントスでプレーし、W杯南アフリカ大会代表にも選出。2010〜2011年シーズンはUAEのアル・アハリでプレー。シーズン終了後、膝の怪我を理由に現役を引退。イタリア史上最高のDFと呼ばれ、代表での136試合出場は同国史上最多記録。2006〜2007年FIFA年間ベストイレブン。ハードタックルを持ち味とした。2013〜2014年シーズンはアル・アハリでアシスタントコーチを経験。2014年11月マルチェロ・リッピの後任として中国スーパーリーグ・広州恒大の監督に就任するが、2015年6月シーズン途中で解任される。10月サウジアラビアのアル・ナスル監督に就任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android