コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラデーの電気分解の法則 ファラデーのでんきぶんかいのほうそくFaraday's law of electrolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラデーの電気分解の法則
ファラデーのでんきぶんかいのほうそく
Faraday's law of electrolysis

電気分解に関する法則。 M.ファラデーが 1833年に発見した。電解質溶液電気分解において,電極に析出する物質 (原子または原子団) の質量は,通じた電気量 (電流×時間) に比例し,物質の化学当量に比例する。物質の1グラム当量を析出するために必要な電気量 Fファラデー定数といい,これは物質によらず一定で,F=9.64853×104C/mol である。この法則により電気素量の存在が初めて示された。この法則を利用した電量計は電気量,電流の精密計測に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ファラデー‐の‐でんきぶんかいのほうそく〔‐デンキブンカイのハフソク〕【ファラデーの電気分解の法則】

電気分解において、電極に析出する物質の量は流れた電気量に比例し、また1グラム当量の物質を析出するための電気量は、物質の種類によらず一定という法則。1833年に英国の物理学者ファラデーが発見。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

ファラデーの電気分解の法則【Faraday's law of electrolysis】

第一法則:電気分解において,溶解,析出する物質の量は流れた電荷に比例する.

第二法則:同一電荷量の通過により溶解,析出した物質の量は,それぞれの物質の電気化学当量に比例する.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報