コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・ヘネップ ファン・ヘネップVan Gennep, Arnold

2件 の用語解説(ファン・ヘネップの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファン・ヘネップ
ファン・ヘネップ
Van Gennep, Arnold

[生]1873. ウュルテンベルク
[没]1957. エペルネ
フランスの民族学者。オランダ系の父をもち,ドイツで生れたが,幼児期よりフランスで教育を受けた。アラビア語など多数の言語とエジプト学,宗教学などを学んだのち,スイスヌーシャテル大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファン・ヘネップ
ふぁんへねっぷ
Arnold van Gennep
(1873―1957)

フランス系軍人を父に、オランダ貴族出身を母にドイツに生まれ、フランスで教育を受けてフランスで活躍した民族誌学者、民俗学者。ファン・ヘネップオランダ語読みで、フランス語読みではバン・ジュネップ。『通過儀礼』Les rites de passageの著者として有名であり、ヨーロッパの民俗学研究の分野でも高く評価されている。『通過儀礼』において、彼は儀礼の内容ではなく、儀礼全体の構造の比較、分類に重点を置き、儀礼の本質を通過にあるとした。出生、死、加入、結婚などの際に行われる通過儀礼は、さらに分離、過渡(移行)、総合の三つの下位儀礼から構成され、場合に応じてこれらの下位儀礼の重要性に差はあれ、この三つが同様の配列で連続しておこる構造があることを指摘した。とりわけ過渡期の存在は普遍的なものであり、そこに死と再生が象徴的に表現されることによって、個人や社会の新生が促されるとした。こうした儀礼に対する視点はのちに人類学に大きな影響を与え、ビクターターナーらが過渡期の儀礼を強調、発展させて以来、通過儀礼の視点は儀礼研究には不可欠とさえいえるようになっている。
 また彼は、当時実地調査を行わなかったデュルケーム学派とは異なり、精力的に民俗学資料を集めて出版したが、それらは『現代フランス民俗学』Manuel de folklore franais contemporainとして集大成された。彼は民俗的慣習などを過去の遺産としてではなく、生きている文化と考え、収集を行ったのであるが、それらは後年有力な民俗的資料として利用され、今日の社会史的研究にも大きな影響を与えている。[松岡悦子]
『綾部恒雄・裕子訳『通過儀礼』(1977・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファン・ヘネップの関連キーワード地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允アチェ戦争血税一揆番号

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone