コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシャー合成 フィッシャーごうせい

2件 の用語解説(フィッシャー合成の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フィッシャー合成【フィッシャーごうせい】

触媒存在下での一酸化炭素の水素化による炭化水素の合成法。F-T合成法とも。1920年代にF.フィッシャーとH.トロプシュが発明。水性ガスを常圧,200℃内外で鉄,コバルトニッケルを主体とする触媒上に通じて,主としてパラフィン系,オレフィン系炭化水素を得る。
→関連項目ガソリン合成石油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィッシャーごうせい【フィッシャー合成 Fischer synthesis】

一酸化炭素の水素化反応によって液体の炭化水素燃料を合成する方法。1920年代の初め,ドイツのF.フィッシャーとトロプシュHans Tropsch(1889‐1935)によって発明されたので,F‐T合成法(フィッシャー=トロプシュ法)とも呼ばれる。石炭をガス化して一酸化炭素と水素からなる合成ガスに変えたのち,この方法で液体燃料を合成することができるので,石炭の間接液化法として位置づけることができる。第2次大戦中,日本やドイツなどで当時の工業的規模で実施された歴史があるが,現在は南アフリカ共和国のサゾールがこの方法でガソリンなどの液体燃料を生産しているのが唯一の工業的実施例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone