コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシャー合成 フィッシャーごうせい

百科事典マイペディアの解説

フィッシャー合成【フィッシャーごうせい】

触媒存在下での一酸化炭素の水素化による炭化水素の合成法。F-T合成法とも。1920年代にF.フィッシャーとH.トロプシュが発明。水性ガスを常圧,200℃内外で鉄,コバルト,ニッケルを主体とする触媒上に通じて,主としてパラフィン系,オレフィン系炭化水素を得る。
→関連項目ガソリン合成石油

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィッシャーごうせい【フィッシャー合成 Fischer synthesis】

一酸化炭素の水素化反応によって液体の炭化水素燃料を合成する方法。1920年代の初め,ドイツのF.フィッシャーとトロプシュHans Tropsch(1889‐1935)によって発明されたので,F‐T合成法(フィッシャー=トロプシュ法)とも呼ばれる。石炭をガス化して一酸化炭素と水素からなる合成ガスに変えたのち,この方法で液体燃料を合成することができるので,石炭の間接液化法として位置づけることができる。第2次大戦中,日本やドイツなどで当時の工業的規模で実施された歴史があるが,現在は南アフリカ共和国のサゾールがこの方法でガソリンなどの液体燃料を生産しているのが唯一の工業的実施例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android