コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成石油 ごうせいせきゆ

大辞林 第三版の解説

ごうせいせきゆ【合成石油】

石油の代替物としての液体燃料。石炭の水素化分解や、水性ガス中の一酸化炭素と水素を触媒によって液状の炭化水素にする方法などがある。人造石油。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうせいせきゆ【合成石油 synthetic petroleum】

人造石油artificial petroleumあるいは合成原油ともいう。オイルサンドオイルシェール,石炭などを原料として生産される合成液体燃料であるが,とくに石炭の液化によるものを指すことが多い。第2次大戦の戦前から戦中にかけて,石油資源に乏しいドイツ,日本などでは,軍事上の目的から石炭液化の技術開発を熱心に進めた歴史がある。戦後の中東における豊富な石油資源の開発によって,合成石油事業は経済的には成立しがたくなったが,1970年代の石油危機以降,研究開発が再開された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

合成石油の関連キーワードシェールオイルエネルギー資源化学工業喜多源逸人造石油代替物液状軽油吉林触媒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android