コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成石油 ごうせいせきゆ

3件 の用語解説(合成石油の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ごうせいせきゆ【合成石油】

石油の代替物としての液体燃料。石炭の水素化分解や、水性ガス中の一酸化炭素と水素を触媒によって液状の炭化水素にする方法などがある。人造石油。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

合成石油【ごうせいせきゆ】

人造石油とも。石油原油以外の原料から得た,天然石油類似の液体炭化水素燃料。石炭の水素化分解ベルギウス法),一酸化炭素と水素から合成するフィッシャー合成,石炭の低温乾留などの製法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごうせいせきゆ【合成石油 synthetic petroleum】

人造石油artificial petroleumあるいは合成原油ともいう。オイルサンドオイルシェール,石炭などを原料として生産される合成液体燃料であるが,とくに石炭の液化によるものを指すことが多い。第2次大戦の戦前から戦中にかけて,石油資源に乏しいドイツ,日本などでは,軍事上の目的から石炭液化技術開発を熱心に進めた歴史がある。戦後の中東における豊富な石油資源の開発によって,合成石油事業は経済的には成立しがたくなったが,1970年代の石油危機以降,研究開発が再開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合成石油の関連キーワード液体燃料擬石人造湖人造石人造石油造石造石数テラゾボグヘッド炭Petro-Canada

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合成石油の関連情報