コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシュソリュブル fish solubles

2件 の用語解説(フィッシュソリュブルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィッシュソリュブル【fish solubles】

魚類から得られる新鮮な液状物を濃縮した家畜飼料。原料により魚汁系,内臓系,肉質系の各ソリュブルに分けられる。魚汁系ソリュブルとはフィッシュミールの製造工程で副生する煮熟液(クッカードレイン)や圧搾液を遠心分離し,固形分と油脂を除き濃縮したもので,日本のフィッシュソリュブル生産量の過半を占める。内臓系ソリュブルとは魚類の内臓を磨細し,自己消化や酵素添加によりタンパク質を分解・液化させ,固形分と油脂を除き濃縮したもので,魚汁系ソリュブルについで生産量が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッシュソリュブル
ふぃっしゅそりゅぶる
condenced fish solubles

魚類の加工の際に生ずる煮汁を、脂肪分を除いて濃縮したもの。フィッシュミール(魚粉(ぎょふん))製造時の煮汁、缶詰工場における廃棄物である魚の頭やひれ、内臓を蒸し煮した煮汁などが主として原料となる。フィッシュソリュブルの組成は、原料の魚種や雌雄の別、成熟の程度、魚体成分の季節的変動など種々の条件によって異なる。また、製品は、原料魚の鮮度、細菌による分解の程度、加工処理装置の種類などによっても品質が影響される。フィッシュソリュブルは、原料の煮汁を自家消化あるいはタンパク分解酵素を添加することにより分解し、消化タンパク液を遠心分離などにより精製したものを真空濃縮して製造する。
 フィッシュソリュブルの用途は、おもに家畜や魚の配合飼料の原料であるが、成分中で重要視されるのはビタミン類とタンパク質である。とくにビタミンB群の含量がフィッシュミールの数倍と高いが、原料の魚種や部位によって異なる。[望月 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィッシュソリュブルの関連キーワード損失回避性鯨油苦り濃縮果汁減圧濃縮水産油脂タンパク質濃縮物天然果汁凍結濃縮濃縮ダイズタンパク質

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone