コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィードラー フィードラー Fiedler, Konrad Adolf

5件 の用語解説(フィードラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィードラー
フィードラー
Fiedler, Konrad Adolf

[生]1841.9.23. エーデラン
[没]1895.6.3. ミュンヘン
ドイツの芸術学者。法律を学び弁護士となったが,イタリアギリシアエジプトなど各地を旅行し,1866年にはローマで H.マレースを知り,72年より A.ヒルデブラントを加えてフィレンツェ郊外の修道院で共同生活をおくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フィードラー
フィードラー
Fiedler, Leslie Aaron

[生]1917.3.8. ニュージャージー,ニューアーク
[没]2003.1.29.
アメリカの批評家,小説家。ウィスコンシン大学大学院卒業。 1965年からニューヨーク州立大学教授。著作には,深層心理学文化人類学を援用し,いままで問題にされたことのない通俗文学にまで目を配った「文学的人類学」の評論3部作『アメリカ小説における愛と死』 Love and Death in the American Novel (1960,改訂版 1966) ,『終りを待ちつつ』 Waiting for the End (1964) ,『消えゆくアメリカ人の帰還』 The Return of the Vanishing American (1968) ,『文学とは何であったか』 What Was Literature? (1982) をはじめ,『奇形の者』 Freaks: Myths and Images of the Secret Self (1978) ,マリファナ所持の容疑で逮捕されたときの体験に基づく『破滅』 Being Busted (1970) のほか,『二人目のストーン氏』 The Second Stone (1963) などの小説,短編集がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フィードラー

ドイツの芸術哲学者。エーデラン生れ。イタリア滞留中に,マレースヒルデブラントと交友。美的経験を扱う純美学に対して,芸術学の独自性を主張し,芸術作品の内的本質を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フィードラー【Arthur Fiedler】

1894‐1979
アメリカの指揮者。ベルリン高等音楽学校バイオリンを学ぶ。1915年ボストン交響楽団の団員となり,24年同楽団員からなるボストンシンフォニエッタを組織,指揮者を務めた。30年,ボストン交響楽団が行うプロムナードコンサートの団体であるボストン・ポップス管弦楽団の指揮者に就任。同楽団を率いて親しみやすいクラシック名曲演奏により多くの聴衆を魅了し,ポピュラー・ソングの編曲や名曲のメドレーなども取り入れた。

フィードラー【Konrad Fiedler】

1841‐95
芸術学の始祖と目されるドイツの学者。弁護士として立つが,のち長期のイタリア滞在(1866‐76)をふくめ各地の美術遺跡を遊歴,当代の画家,彫刻家との親交も深めた。カントの影響下に,美術活動は,思考や感情とは別個に,純粋に〈見る〉という直観による世界の構成にあると主張した。この洞察のもとで芸術の自律性は本質的に強化され,彼の業績は以後ことに美術史における後続の研究者たちに多大な影響を及ぼした。主著は《芸術活動の根源について》(1887)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフィードラーの言及

【芸術学】より

…他方デソアールMax Dessoir(1867‐1947)は美と芸術とは双方の範囲が合致せぬことを重視し,美学と並ぶ〈一般芸術学allgemeine Kunstwissenschaft〉を主張,個々の芸術にはそれぞれ体系的特殊芸術学が成立するが,これら諸学の前提,方法,目的を吟味して重要な成果を総括し比較することを一般芸術学の課題とした。これをうけてウーティッツEwil Utitz(1883‐1956)は,始祖をK.フィードラーと仰いでデソアールにつぐ自分の位置を見定め,一般芸術学の建設に尽くしたが,根本的課題は芸術の本質の認識にあるとして,はやくも哲学への傾斜を強めた。特殊芸術学は芸術に関する原理的問題を解明せずともある程度進むが,究極の足場を問われて一般芸術学に頼るとき,これは芸術に関する原理の学としてみずから哲学であることを要請され,芸術哲学となるからである。…

※「フィードラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィードラーの関連キーワードチャージャーニュージャージーニュージョージアじゃーじゃじゃーみースキージャーナルオペロンジャージジャージー[種]ニュージャージー[州]ニューヨーク・ニュージャージー港湾公団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone