コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンクラゲ Hormiphora palmata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウセンクラゲ
Hormiphora palmata

有櫛動物門有触手綱フウセンクラゲ目テマリクラゲ科。細長い風船のような形のクシクラゲ。体長 3cm内外。体は透明な寒天質で,横断面は円形。体表面には繊毛が癒合してできた櫛板の列が縦に8列並んでいて,この櫛板の運動で浮遊生活をする。触手は1対で長く,小枝が規則正しく並び,収縮すると完全に触手鞘の中に収まってしまう。触手の表面には膠胞という特殊な細胞があって,これで小動物を捕え,下方にある口へ運ぶ。雌雄同体。日本近海に普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フウセンクラゲ

テマリクラゲ科の有櫛(ゆうしつ)動物。体長1.5〜4.5cmの細長い風船形で無色透明。体の上下に走る8本の櫛板を動かして移動する。1対の触手には規則正しく細い枝が並び,これで餌を捕らえる。
→関連項目クシクラゲ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フウセンクラゲ
ふうせんくらげ / 風船水母
[学]Hormiphora palmata

有櫛(ゆうしつ)動物門有触手綱フウセンクラゲ目テマリクラゲ科に属する海産動物。クシクラゲ類の1種で、体は細長い紡錘形、長さ5センチメートルほどに達し、1対の長い触手があり、触手の上には多数の枝が規則正しく並んでいる。生時にはこの触手をきわめて長く伸ばして遊泳する。触手は収縮すると体内の触手鞘(しょう)内に収まってしまう。8列の縦の櫛板があり、それらは体のほぼ全長に及んでいる。触手基部が黄白色のほかは無色である。日本の沿岸にもっとも普通にみられるクシクラゲ類の1種で、世界の寒帯から温帯にかけて広く分布する。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フウセンクラゲの関連キーワード有櫛動物櫛水母

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android