コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイスブック フェイスブック

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フェイスブック

米フェイスブック社の提供するソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)。もともと米国の学生の交流を目的に開発され、サークルパーティーの募集、就職や趣味など、さまざまな情報交換に利用されている。画像や動画の投稿、ほかの参加者とのメッセージの交換などができるほか、Ajaxに対応し、一般のユーザーが開発したアプリケーションを自由に追加できるのが特徴。当初は大学内のメールアドレスを持つ大学生のみを対象としたサービスだったが、2006年9月からは誰でも利用できるようになった。現在は日本語版も提供されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フェイスブック

2004年に米国の学生向けにサービスがスタート。その後、一般に開放され、全世界に広がった。日本国内の利用者は1千万人強とみられる。パソコンスマートフォン(多機能携帯電話)などでメールアドレスやパスワード、名前を登録することが必要。

(2013-02-27 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

フェイスブック

アメリカのインターネットサイト。2004年,ハーバード大の学生マーク・ザッカーバーグが学生サービスを目的として創設,06年に一般にも公開され,またたく間に豊富なアプリケーションや情報共有機能を備えたソーシャルメディアソーシャルネットワークに急成長した。
→関連項目アノニマスウェイボツイッター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

フェイスブック【Facebook】

代表的なソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のひとつ。13歳以上であれば無料で参加できる。会員になるには、実名・本人の顔写真生年月日勤務先・趣味・出身校といった個人情報の登録が必要となる。登録した個人情報を利用して、関係者や同じ趣味を持つ人など、交流したい会員とコミュニケーションを図ることが可能。2004年にアメリカの学生マーク・ザッカーバーグが国内の学生向けにサービスを開始し、2008年に日本語版が公開された。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェイスブック
Facebook

アメリカ合衆国のソーシャルネットワーク・サービス SNS会社。2004年にハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ,ダスティン・モスコビッツ,クリス・ヒューズによって設立された。本社はカリフォルニア州パロアルト。利用者は自己紹介文を作成し写真を掲載して登録を行ない,既存のネットワークに加入したのち,新たなネットワークをスタートさせる。会員は当初ハーバード大学の学生に限定されていたが,段階的に,すべての大学生,高校生,13歳以上へと開放された。サイトには利用者の自己紹介スペースの「ウォール」,利用者が友人に居場所や状況を通知できる「ステイタス」,友人の情報変更を利用者に知らせる「ニュースフィード」などがある。2006年9月には,電子メールアドレスをもっていれば居住地域のネットワークに参加できるようになった。2008年6月,ソフトウェアコードの一部をオープンソースにした。2011年9月,利用者が書き込んだすべての情報に,より簡単にアクセスできる「タイムライン」を導入。2012年10月には全世界での利用者数が 10億人を突破した。ザッカーバーグは 2004年,ベンチャー・キャピタルから融資を受け,新会社の CEO兼社長に就任。2006年ザッカーバーグはヤフーからの 10億ドルでの買収提案を退けたが,2007年にはマイクロソフトが 2億4000万ドルで株式の 1.6%を保有,その 2年後にはデジタル・スカイ・テクノロジーズが 2億ドルで 1.96%を保有した。2008年時点のザッカーバーグの資産総額は約 15億ドル。2012年5月,ナスダックに株式を上場した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェイスブック
ふぇいすぶっく
Facebook

世界規模で利用されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトのひとつ。2004年にアメリカでスタートし、2008年(平成20)には日本語版も開設された。当初は学生のみの参加であったが、2006年以降は一般にも開放されて、だれでも使うことができるようになっている。インターネットに接続したパソコンや携帯電話などからアクセスする。
 「友達や同僚、同級生、仲間たちと交流を深めること」を目的としているのが特徴の一つ。新たな出会いを求めることもできるが、むしろ実生活で交流している人とのコミュニケーションに主眼が置かれている。パソコンのアドレス帳に入っているメールアドレスを使ってユーザー検索したり、同級生や同窓生、同僚を捜したり、趣味や地域でも検索できるなど、実社会のコミュニティの延長線上にあるSNSといえる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェイスブックの関連キーワードSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「保育園落ちた日本死ね!!!」と題したブログソーシャルメディア・ハラスメントmessenger appsALSアイスバケツチャレンジタイムライン(情報通信用語)タンブラー(ウェブサービス)ツイッターとフェイスブックパーソン・オブ・ザ・イヤーShared AlbumsFacebook HomePlayStation 4生命科学ブレークスルー賞ソーシャル・ハラスメントsocial mediaGraph Searchソーシャル・ネットワークオキュパイ・ムーブメントタグ(コンピュータ用語)ジェシー アイゼンバーグ

フェイスブックの関連情報