コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォックスフェース Solanum mammosum; nipplefruit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォックスフェース
Solanum mammosum; nipplefruit

ナス科の小低木。熱帯アメリカ原産。別名ツノナスキツネナス。フォックスフェースは日本でつけられた和製英語。鮮黄色またはオレンジ色の果実は徳利状で,つけ根近くに数個突起があり,独特の雰囲気をもっていて,切り花として利用される。長さは約 5cm。葉は互生し,卵円形で不規則な切れ込みが入る。全草にとげがあるが,とげのない系統も選抜,育成されている。花冠は5裂し,薄い紫で観賞価値はあまりない。園芸的には一年草として栽培される。寒さに弱いが,温室内で栽培すれば低木状になる。春に種子をまいて育てる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フォックスフェース

ツノナス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォックスフェース
ふぉっくすふぇーす
fox face
[学]Solanum mammosum L.

ナス科の低木。原産地の熱帯アメリカでは高さ1メートルに達するが、日本では一年草扱いとする。ツノナス、キツネナスともいう。葉は互生し、やや心臓形で長さ10~16センチメートル、縁(へり)に波状の欠刻があり、両面に軟毛と鋭い刺(とげ)がある。花は紫色で径約3.5センチメートル、裂片は細い。果実は卵形で長さ約5センチメートル、先はとがり、基部に乳頭状の突起が数個あり、濃黄色に熟す。この果実の形がキツネの顔に似るのでフォックスフェースの名があり、いけ花に用いる。夏に播種(はしゅ)し、株を温室で越冬させると、果実のつきがよくなる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォックスフェースの関連キーワード小林義雄

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android