コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトンファクトリー photon factory

世界大百科事典 第2版の解説

フォトンファクトリー【Photon Factory】

茨城県筑波研究学園都市にある高エネルギー物理学研究所の放射光実験施設の名称。直訳すれば光子の工場であり,光速に近いスピードで運動する高エネルギー(25億eV)の電子が,その軌道を曲げられるときに軌道の接線方向に放出するシンクロトロン放射(放射光)と呼ばれる電磁波(光)を利用するもので,極紫外線からX線にわたる超強力な線源を提供できる。1977年春に建設が開始され,83年から本格的活動が始まった。 全長400mの線形加速器で25億eVに加速した電子を,長径約70m,短径50mの楕円形の貯蔵リング(ストレージリング)に導き,リングの全周に沿って置かれた偏向電磁石で電子の軌道を曲げることによって放射光を発生させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フォトンファクトリー【photon factory】

シンクロトロン放射などで得られる電磁波を使ってさまざまな実験を行う施設。光子工場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android