コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォントネー修道院 フォントネーしゅうどういんAbbaye de Fontenay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォントネー修道院
フォントネーしゅうどういん
Abbaye de Fontenay

フランス,ブルゴーニュ地方コートドール県フォントネーにあるシトー会修道院。シトー派最古の修道院として 1118年クレルボーの修道院長ベルナルドゥスにより設立された。シトー会の厳しい戒律と質素な生活ぶりを示すかのように,聖堂には塔はなく,修道士たちが瞑想した回廊は太い柱とアーチが幾重にも連なるだけで,大寝室,集会室も太い石柱と木材の梁がむき出しのままという簡素なものである。付属する施設としてはハーブ園,パン焼き場,鍛冶工場があり一時は 300人もの修道士が祈りと労働に励んでいた。シトー会修道院の多くがフランス革命で破壊されたが,この修道院だけが唯一難を逃れ,中世の面影を残している。 1981年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォントネー‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【フォントネー修道院】

Abbaye de Fontenay》フランス中東部、ブルゴーニュ地方、コート‐ドール県の都市モンバールにある修道院。1118年、クレルボーの聖ベルナルドゥスにより創設。清貧を重んじ厳格な修行で知られるシトー会最古の修道院の一。聖堂、回廊などの建物は内装・外装ともに装飾がほとんど見られない。1981年、「フォントネーのシトー会修道院」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android