コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーサイス フォーサイスForsyth, Sir Thomas Douglas

6件 の用語解説(フォーサイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーサイス
フォーサイス
Forsyth, Sir Thomas Douglas

[生]1827.10.7. バークンヘッド
[没]1886.12.17. イーストバーン
イギリス東インド会社社員。 1848年インドに渡り,57年のインド大反乱の鎮圧に功績を立てた。 69年アフガニスタンの国境問題についてロシアと交渉するためペテルブルグを訪れた。 70年ヤールカンドに派遣されたが,ヤクブ・ベクは出征中で会えず,73年再訪してカシュガルで会い,東トルキスタンについて見聞を広めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォーサイス
フォーサイス
Forsythe, William

[生]1949.12.30. ロングアイランド
アメリカ生れ,ドイツの舞踊家,振付師。フロリダ大学卒業。 J.ワッツらに師事し,ジョフリー・バレエ団を経て,1973年シュツットガルトバレエ団に入団。マーラーの音楽による『ウルリヒト』 (1976) を振付けて,地位を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォーサイス
フォーサイス
Forsyth, Frederick

[生]1938.8.25. アシュフォード
イギリスの作家。ジャーナリスティックな形式と,国際政治情勢や人物を題材にした早いストーリー展開で知られ,数々のベストセラー推理小説を生み出した。スペイングラナダ大学に学び,イギリス空軍に勤務したのちジャーナリズムの世界に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォーサイス
フォーサイス
Forsyth, Alexander John

[生]1769.12.28. ベルヘルビー
[没]1843.6.11. ベルヘルビー
スコットランド長老派の牧師,発明家。 1805年から 1807年にかけ,起爆剤を強打して発火させる,銃器の撃発式点火装置を発明した。これによって,それまでの火打石式点火装置のように火花が飛び散ることがなくなった (→燧発銃 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フォーサイス

米国の舞踊家,振付家。ニューヨーク生まれる。17歳でバレエを学び始め,M.グレアムの舞踊理論も習得。1973年に渡欧し,シュツットガルト・バレエ団に入団。同バレエ団で作品を発表すると同時に,各地のバレエ団にも作品を提供する。
→関連項目勅使川原三郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォーサイス【Peter Taylor Forsyth】

1848‐1921
イギリスの会衆派教会牧師,神学者。スコットランドのアバディーン大学で学び,のちにドイツに留学し,ゲッティンゲンリッチュルから自由主義神学を学んだ。帰国後,1901年ロンドンのハックニー・カレッジの学長となってからは,初期の自由主義的立場を修正し,近代的な歴史批評学と伝統的な福音主義との融合に努めた。09年に刊行した《イエス・キリストの人格と地位》においてキリストの十字架上の贖罪を強調し,同時に教会,聖礼典,教職制の重要性を指摘して,自由教会の一般的傾向であった個人主義的反教義的宗教性を厳しく批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フォーサイスの関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォーサイスの関連情報